• 日本ロレアルインターンシップ

美容部員になったら身につくスキルとその後のキャリア

美容部員になったら身につくスキルとその後のキャリア

こんにちは。美容部員の就活対策サイトBeautyTree編集部です。

美容部員の転職すると、どんなスキルが身について、その後どんなキャリアが待っているのでしょうか。

美容部員として活躍した人がその後どのようなキャリアを歩んでいるかをご紹介したいと思います。

美容部員経験で得られる知識や技術

そもそも美容部員を経験すとどんな知識や技術を身につけることができるのでしょうか。

美容部員は化粧品販売のプロです。そのため、販売力は嫌でも身につきます。また、美容部員はお客様の悩みを聞きながら、その悩みと自社のアイテムの効果効能を結びつけて商品をご提案することから、カウンセリングの技術が身につきます。

そして、勤務するブランドにもよりますが、百貨店ブランドであれば、世界でも通用するレベルの接遇マナーが身につきますし、美容のプロとして皮膚の構造やスキンケアの基礎、メイクアップの技術など美容に関する幅広い知識や技術も習得できるでしょう。

また、販売店舗にはチーム全体の売上目標があり、売上達成に向けた行動管理を徹底します。そういった経験を通じて、目標達成に向けた計画を立てる力や数字へのコミット力が身につきます。

チーフや店長になるとメンバーの採用や店舗マネジメントに関わることになるため、売上管理や採用管理、スタッフマネジメントスキルなども習得できます。

それ以外にもまだまだあるかと思いますが、美容部員を経験することで得られる知識や技術としては、接客販売力、接遇マナー、美容全般の知識、メイクアップ技術、カウンセリング技術、目標達成に向けた計画力やコミット力、対人折衝スキルやコミュニケーションスキルが学べます。

美容部員で身につけた知識や技術が生かせる仕事

美容部員で身につけた知識や技術が生かせる仕事

美容部員で身につけた知識や技術を生かせる仕事とは、どんなものがあるのでしょうか。

販売力やカウンセリングの技術を生かした仕事

プラダやグッチといったラグジュアリーブランドのアパレル販売職、美容クリニックのカウンセラー、不動産や生命保険の営業職、美容系商材の営業職などにキャリアチェンジする人がいます。

また、最近ではカウンセリングスキルを生かして人材会社のキャリアカウンセラーやブライダルコーディネーターになる人もいます。

これらの仕事は、美容部員の給料よりも一般的に高くなる傾向にあり、以前、私が転職を斡旋した美容部員さんは、人材派遣会社のキャリアカウンセラーになり、年収が1.5倍になったというケースもあります。

ちなみに、日本を代表する美容家として有名な小林照子さんも生命保険の営業をご経験されており、美容部員が扱う化粧品は高単価のものが多いため、生命保険、不動産、ウェディング、ラグジュアリーといった高額商材の営業と親和性は高いのでしょう。

美容全般の知識やメイクアップ技術を生かした仕事

美容の知識やメイクアップ技術を生かした仕事には、美容部員を教育するトレーナーや美容関連の研修会社講師やフリーのメイク講師になる方がいます。

また、最近では、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングを活用し、スキンケアマイスターやコスメ検定などの資格を取得してブロガーやフリーランスの美容ライターになる方もたくさんいます。

特に、出産とともに美容部員を辞めて、自宅にいながら美容の知識を生かして働きたいという方が多く、そのような方は先ほどご紹介した美容ライターになるケースが多いようです。

店舗マネジメントスキルを生かした仕事

チーフや店長経験者になると、店舗管理やスタッフの採用・人事管理的な要素の仕事も経験するため、企業の人事採用担当や化粧品メーカー・他業種の営業やスーパーバイザーになる方もいます。

同じ業界だったとしても、土日休みで、本社職で待遇も良くなる傾向にあるため、店長経験を生かして人事にチャレンジする方も多い印象です。

美容部員経験は3年以上あった方がいい

美容部員という仕事を通じて身につく知識、技術は、色々な業界で活用できるものばかりです。上記以外にも、様々なキャリアを歩んでいる方がいるでしょう。

ただし、必ずしもすべてに当てはまるわけではありませんが、一般的には美容部員の経験が3年以上ないと、他で活用できるほどの技術は身につかないと言われています。

また、1年ちょっと経験してすぐ辞めてしまった場合は、生かせる経験が何か、というよりは、すぐに辞めてしまうのではというネガティブな評価を受けがち。
そのため、美容部員になって、いずれ経験を生かしたいと思っている方は、少なくとも2~3年は頑張って美容部員の仕事を続けて、どこでも通用する技術を身につけたほうがいいでしょう。

関連記事

・未経験者を美容のプロに育てて仕事を紹介する新サービス

・美容部員の就職活動の面接で絶対に言ってはいけないNGワード5選

・逆質問を極める!美容部員の採用面接で高評価を受ける質問10選

・会社やブランドを選んだ理由が特に見つからない場合はどうすればいいか?

・美容部員の面接で必ず聞かれる質問10選

この記事をかいた人

大学卒業後、大手人材会社パーソルキャリア入社。その後、@cosmeを運営するアイスタイルに入社、人事部、社長室、メディア事業部、子会社社長を経て、2018年に美容業界専門の新卒対策メディアを運営する「ビューティーツリー」を創業。