• 21年卒向け美容部員の就活イベント

美容部員(BA)の採用面接で必ず聞かれる質問10選と対策

美容部員の面接で必ず聞かれる質問10選と対策

こんにちは。美容部員の就職・転職対策サイトを運営するビューティーツリー編集部です。

これまで1000人を超える美容部員の転職支援に関わってきました。その経験からよく聞かれる質問とベストな回答方法を紹介します。

今回ご紹介する質問は美容部員の面接では必ず聞かれます。当然、聞かれる質問を想定して面接対策しておくことは大事ですが、よくある質問と模範解答を暗記するのではなく、なぜ面接官がそのような質問をするのか。その背景にある目的を知ってください。

面接官の質問の目的が分かれば、たとえ面接官の質問内容が変わったとしても、相手が何を聞きたがっているのかを察することができるようになります。そして、面接官のどんな質問に対して常にベストな回答ができるようになります。

ぜひ、皆さんの面接対策にお役立て下さい。

美容部員の採用面接の形式や流れ

■美容部員の採用面接の形式
・美容部員の面接は20分前後が一般的。
・一部のメイクアップブランドを除き、技術試験はない。
・国内大手ブランドは適性検査・筆記試験がある。

■面接官の数
1~2人程度。美容部員の採用面接では一般的に面接官の数はだいたい1人か2人。

■面接官の属性
人事、人事+教育トレーナーか営業(男性が多い)いずれかのパターン。

■面接時間
だいたい20分程度。実技などの試験はほぼありません。経験者しか採用しない一部のメイクアップブランドでは実技試験を取り入れるケースもあります。

■面接形式
実技はほぼなく、一般的な質問形式。面接の流れは事務職や総合職と同じく、履歴書や職務経歴書の情報をもとにあなたのことや志望動機を質問します。

■選考基準
基本は面接官からの質問に的確に回答することができたかどうかで決まります。コレクションブランドやアーティストブランドの場合は、美容部員もブランドの一部になるため、応募者がそのブランドのイメージに合うかどうか、容姿や外見的な要素も選考基準に入ります。

面接官の質問の目的とは何か

面接官の質問の目的は以下の3つです。

1.すぐに辞めないか
2.販売力はあるか
3.協調性はあるか

特に重視しているのは、「すぐに辞めない人材か」です。なぜなら、未経験者を採用して数か月以内に約30%が辞めてしまうからです。美容部員は専門的なスキルが必要な職種なので、本当は経験者が欲しい。しかし、経験者はめったに採用できないので、やむを得ず未経験者を採用しています。

本来、未経験者を育成するには時間もコストもかかりますが、現場は人手不足が深刻なので、最低限の接客マナー、商品知識、セールストークを叩き込んで、1~2週間でとりあえず店頭に配属するしか方法はありません。

当然、数日の研修では商品知識も覚えていないまま店頭に立つことになります。また、人の肌に直接触るというプレッシャーもあって、行き詰まりを感じてしまう人も少なからずいます。その結果、辞めていくというケースが増えています。だから、人事はどうにか辞めない人材を採用しようと面接でフィルターをかけています。

面接官の3つの目的を知る

■面接官の3つの目的
1.すぐに辞めないか
2.販売力はあるか
3.協調性はあるか

 

1.すぐに辞めないか

自社のビジョンや理念、ブランドのコンセプトへの共感しているかどうか、美容部員という仕事を憧れだけで選んでいないかを見極めています。

給与や待遇といった条件で選ぶ人はよりよい条件があれば転職してしまうリスクがあります。一方、会社やブランドの根幹となるビジョンやコンセプトは、めったに変化することがないので、そこに共感する人材は長く続くだろうと考えています

 

■志望動機(例)

国内系オーガニック系メイクアップブランド|UHさん
「貴社のブランドは、人の欠点を隠すのではなく、人の欠点を魅力的に見せることをコンセプトに掲げています。私も普段からメイクは自分の欠点を隠すものではなく、自分の欠点を魅力に変えるためにあると思っていて、それにとても共感して、愛用しています。私は御社の美容部員になったら、自分のコンプレックスに悩む女性をより魅力的に変えていきたいと思います。いずれはアーティストとなって、御社で活躍する美容部員に技術を伝えていきたい」

 

2.販売力はあるか

美容部員のミッションは化粧品を販売することです。だから、応募者が実際に店頭に立ったことをイメージしながら面接をしています。

過去の職務経験をヒアリングしながら、

・数字や目標に対する意識は高いか
・売ることに抵抗はないか(ノルマがないか?と執拗に聞いてこないか)

を確認しています。

あなたのオススメの商品はなんですか?私にアピールしてもらえませんか?などの質問をして、相手の販売力を見極めています。自分の好きなブランドや商品、応募先のブランドの魅力は何か、事前に勉強しておいて、面接官へしっかりと魅力を語れるようにしておきましょう。

 

3.協調性はあるか

美容部員は基本的にチームで仕事をします。休みを取るにしても、お互いが配慮し合って決める必要があります。

誰かが自己主張をし続けたり、陰口を言ったり、ネガティブな発言をしたりすると、簡単にチームは壊れます。チームが壊れると確実に売り上げは下がります。人事はその事態を避けるために、応募者の協調性を確認します。

美容部員の面接で必ず聞かれる質問10選

美容部員の採用面接でよく聞かれる質問を紹介します。

 

ブランド別の面接で聞かれることを知りたい方はこちら

 

1.どうして美容部員になろうと思いましたか?

この質問はほぼ100%面接官は聞いてきます。すぐ辞めないかどうかを見極めるための代表的な質問です。ご自身の過去を振り返り、美容部員に興味を持ったきっかけを丁寧に伝えましょう。

ここで大事なのは憧れだけではないということをしっかり伝えることです。

かっこいい、楽しそう、というイメージだけで伝えるのでなく「メイクを通じて人を喜ばせてあげたい」とか「化粧品を人に紹介したりおススメするのが楽しくて仕方がない」といったように、あなたが美容部員になりたいと思ったきっかけを具体的なエピソードとともに伝えましょう。

 

2.なぜ当社のブランドを志望しましたか?どんなところに興味を持ちましたか?

これもかなり高い確率で聞かれる質問です。面接官は、応募者のブランドを選ぶ理由を聞くことですぐ辞めないかどうかを見極めています。

あなたがそのブランドに興味を持ったきっかけは何かを振り返り、応募先のブランドを選ぶ理由を伝えてあげましょう。そこまでの理由が見つからないという方は、ブランドのホームページや採用ページなどを見て、共感できるポイントはないか探してみましょう。

実際の店舗に行って接客を受けてみるのもいいでしょう。ブランドの顔である美容部員さんと接することで、接客スタイルやブランド、商品の魅力など、共感できるものが見つかるかもしれません。

 

3.前職を辞めた理由を教えてください

前職と同じように短期で辞めてしまうことはないかどうかを見極める質問です。前職の退職理由は、伝え方が結構難しいのですが、ポイントは前職のことを悪く言わないこと、辞めた理由をできる限りポジティブに話すことが大事です。

(例)
・忙しすぎた→もっとお客様とじっくり向き合った接客がしたかった
・飽きてしまった→新しいことにチャレンジしたくなった
・意見を聞いてくれない→もっと仕事に積極的に取り組みたい

しっかりと事前に対策しておけば、前職を批判せず、離職理由をポジティブに伝えることができると思いますので、過去の離職理由を整理しておきましょう。

 

4.過去に働いていたブランドを辞めた理由

これは美容部員の経験者向けの質問です。過去と同じ理由で辞めてしまう可能性はないかを見極める質問です。前職を否定せず、ポジティブに離職理由を語れるようにしておきましょう。

(例)
・メイクアップブランドに勤めていたが、年齢的にもスキンケアに興味を持つようになり、転職を考えた。
・アイテム単価が安く、接客時間を短くしなければならなかったが、もっとじっくりお客様と向き合った接客がしたくなり、転職を考えた。
・自分の年齢に合ったブランドで働きたくなった。

 

5.どんな美容部員になりたいですか?

自分の理想像、キャリアプランを持っているかどうかを聞いて、本気で美容部員を目指しているかどうかを確認しています。つまり、すぐに辞めないかどうかの見極めです。

3年~5年後を想像して、そのゴールとそのためにどんな努力をしていくのか、といったことは語れるようにしておきましょう。

(例)
・お客様から指名される美容部員になりたい
・販売現場が好きなのでチーフになってチームを引っ張りたい
・後輩の育成に関わり、いずれトレーナーになりたい

この質問の回答として本社職やアーティスト職への希望を前面に出すと、そっちが本命なのでは?とネガティブに捉えられてしまうので、あくまで美容部員としてのキャリアや目標を伝えるようにしましょう。

 

・未経験×正社員求人専門の転職支援サービスはこちら

 

6.周囲からどんなタイプって言われますか?

チームワーク、協調性を見極めるための質問です。

配属先のメンバーとの相性がよくないと、チームが壊れてしまう可能性もあるため、応募者のタイプを聞いて、チームメンバーとの相性を確認しています。ベストな回答は、チームにポジティブな影響をもたらすご自身の強みとエピソードを語るといいでしょう。

(例)
・私は率先して挨拶をします。気持ちの良い挨拶をすれば、チーム全体が前向きな気持ちになれるから。
・私はチームが前向きになるように、人の良いところを認めて、相手に伝えるようにしています。
・どんなことでも必ず「ありがとう」を積極的に言うようにしています。人は感謝されると、気持ちが前向きになるからです。

 

7.当社の店頭に行ったことはありますか?どう感じましたか?

これはどのブランドの面接でも必ず聞かれます。志望度を見ています。自社の店舗に足を運んだことがなければ、志望度は決して高くないと判断されて落ちることがほとんどです。

面接前の段階で必ず1回は店頭へ足を運びましょう。また、店頭に行った感想として、魅力的だった点、改善したほうがいいと思った点をまとめておきましょう。

 

8.当社のアイテムで好きなものはありますか?その理由も教えて下さい。

志望度とあなたの販売力を見ています。面接前には、サンプルでもいいので、応募先ブランドの商品を必ず試しておきましょう。そして、魅力に感じた点、改善した方がよいと思った点をまとめておくことが大事です。

販売力はそのアイテムの魅力を語ってもらうことで確認しています。自分だったらこの商品をどうやって他人にオススメするだろうか、自分なりの考えや方法を考えておきましょう。

 

9.当社以外で好きなブランドはありますか?その魅力を教えてください

あなたの販売力を見ています。好きなブランドの魅力を語ってもらうことで、店頭でどう販売するかをチェックしています。

他社で興味のあるブランドの商品とその魅力を端的に語れるようにしておきましょう。>

 

10.最後に何か質問はありますか?

これは逆質問と呼ばれるもので、ほぼすべての面接で聞かれます。逆質問では志望度を見ています。質問という形で最後に候補者の興味を聞いて、志望動機を見極めています。

条件や有給、福利厚生のことばかり質問する人は、結局、仕事よりも休みや条件が目当てなのかな?と評価をされます。ブランドのコンセプト、職場の雰囲気や文化、仕事にまつわる質問で志望度の高さをアピールすることが大事です。

 

おわりに

おわりに

美容部員の面接では面接官が聞きたいことはたったの3つです。この3つ(辞めないか、販売力、協調性)を念頭に入れて面接に臨めば、必要以上に緊張することもなく、冷静に回答できるでしょう。

また、たとえ緊張してしまったとしても、面接官にはあなたの真剣さはしっかりと伝わります。決してネガティブな評価を受けることにはなりませんので、リラックスして臨みましょう。

  • 正社員にこだわる未経験の転職

 

関連記事

・美容部員の転職のプロに聞く!・7月入社を目指す転職活動がオススメな3つの理由

・美容部員の採用面接で人間関係の良い会社を見抜く5つの逆質問

・逆質問を極める!美容部員の採用面接で高評価を受ける質問10選

この記事をかいた人

2002年大学卒業後、インテリジェンス入社。人材派遣の営業を担当後、@cosmeを運営するアイスタイルに入社し、美容部員専門の求人サイトを立ち上げ、2015年アイスタイルキャリアを設立、代表取締役社長に就任。全国の美容専門学校や短大にて就職アドバイザー、化粧品検定顧問を務める。2018年に美容部員専門のオンラインスクールと人材紹介事業を行う株式会社タレンタップを創業。これまで就職・転職支援してきた美容部員は1000名を超える。コスメ検定1級、ほめる達人検定3級取得。