SK-Ⅱ(P&Gプレステージ)の美容部員の選考対策│面接官に刺さる志望動機と内定の秘訣

SK-Ⅱ(SK2/P&Gプレステージ)の美容部員の選考対策│面接官に刺さる志望動機と内定の秘訣

SK-Ⅱは「すべての女性に美しい素肌を」というコンセプトを持ち、日本で生まれたプレステージブランドです。

そもそもSK-Ⅱというブランドが生まれた背景には、酒造所で働く年齢を重ねたスタッフの手が若々しく、ふっくらとして明るい肌をしていることに着目して、その秘密が“発酵”と“酵母”にあることをヒントに研究がスタート。300を超える酵母を一つひとつ調査していった結果、ある特定に酵母を発酵させると肌へ高い効果を発揮するエッセンスを作り出すことを発見しました。それが「ピテラ」というSK-Ⅱの唯一無二の主成分です。

SK-Ⅱは発売以来、プレステージブランドとして、大人の女性を中心に支持を集めています。近年は、主に中国や東南アジア圏の富裕層に支持されており、アジア諸国でのシェアが拡大しています。

SK-Ⅱの2020年度新卒採用について、新卒採用HPや選考を受けた学生の体験談を参考にSK-Ⅱの求める人材像や選考のポイント、面接官に刺さるであろう志望動機について、考察していきます。

 

・SK-Ⅱの選考対策を詳しく見る

 

SK-Ⅱの美容部員として働く魅力


SK2の美容部員として働く魅力は、以下の2つだと考えます。

1.差別化された「唯一無二の商品」があること
2.成長できる環境があること

1.差別化された「唯一無二の商品」があること


冒頭で説明しましたが、SK2には、肌を潤いあふれるクリアな素肌に導く「ピテラ」という成分で構成されています。これはSK2の長年研究した結果、発見した主成分で、他社の商品にはない、SK2唯一無二のものです。

つまり、SK2は完全に差別化されています。

差別化されていると何がいいのでしょうか。

差別化が弱いと、競合を意識しなければなりません。価格を安くすることで対抗したり、キャンペーンやサンプル等で競合からお客様を獲得したり、逆に競合にお客様を取られたり、と常に競争に巻き込まれます。

しかし、差別化されていると、競合を意識する必要はありません。価格も必要以上に安くする必要はありません。利益を削ってまでキャンペーンを実施する必要もありません。競合を意識するより、自分たちの商品に自信を持ってその価値を正しく伝えることが重要です。

自分たちの商品に自信を持って接客活動ができる、これがSK2で働く魅力です。

2.成長できる環境があること


SK2の採用HPには、以下のメッセージが掲載されています。

当社の最大の特徴は、なにをおいてもその人材育成能力だと社外から高く評価されています。新入社員研修をはじめ、毎月全員が参加するスキル・トレーニング、職責に応じた社内研修…全て社内の人材が講師となって研修内容の計画・立案から実施までを担っています。最も重要視しているのは「仕事を通じて成長する」ということ。日常業務を高い意識と意欲で行う中で社員はやりがいを感じ成長していくもの、との強い信念を胸に、上司・先輩から徹底した指導教育を得られる環境を整えています。

人が成長するには、本人の成長意欲が最も重要です。つまり、SK-Ⅱには成長意欲があれば、誰でも成長できる環境が用意されているということです。

なぜ、そこまでSK-Ⅱは人材の育成に取り組むのでしょうか。

それはSK-Ⅱの顧客層にヒントがあると考えます。SK-Ⅱはプレステージブランドであり、化粧水1本1万円前後するような高級化粧品を扱っています。高級化粧品を購入できるのは、深い悩みを持っているか、お金に余裕のある富裕層が顧客になります。

つまり、前者のお客様はSK-Ⅱに関する知識だけでなく、美容や皮膚科学の専門的な知識が必要になります。いっぽう、後者のお客様には高いレベルでの接客マナーやカウンセリング技術のほか、教養など人間としての質の高さを求められます。

知識や人間性を磨き続けることがSK-Ⅱの美容部員に必要なことです。

だから、SK-Ⅱは人材育成に全力を注ぐのでしょう。それだけ成長意欲を持ち続けることが求められますが、仕事を通じて自己成長したいと考える人にとっては、SK-Ⅱはベストな環境と言えるかもしれません。

SK-Ⅱの求める人物像


SK-Ⅱの採用HPには、以下のメッセージが掲載されています。

お客様はもとより、会社、商品、仲間、全てに対して強い情熱と愛を持てることが、成功や成長の第一条件です。それには、”人と接することが好き”という好みや性格のレベルではなく、積極的にあらゆる世代・国の方々との信頼関係を築いていきたいという強い意思を併せ持っているということが必要です。

このメッセージから求める人物像を推察すると、何事にも全力で積極的に取り組む人材を求めていることが分かります。

また、以下のメッセージも重要な要素が含まれています。

私たちビューティカウンセラー(BC)の使命は、SK-Ⅱという商品を通じて世界中の女性の運命を変えること。お客様に寄り添いながら強い信頼関係を築いていく

つまり、自分にできる全力を尽くして誰かのために行動して、信頼されることにやりがいや喜びを感じることができる人がSK2のビューティカウンセラーの使命を果たせるということです。

まとめると、

・お客様、会社、仲間、商品…何事にも情熱を持って積極的に取り組む人
・全力を尽くして誰かのために行動して、信頼されることにやりがいや喜びを感じる人

がSK-Ⅱの求める人物像だと考えます。

プロのアドバイス

SK-Ⅱの採用HPを見る限り、ほかのブランドと異なり、ビューティカウンセラーの仕事に強い意志を感じます。

上記のメッセージを発信されている全国のビューティカウンセラーのトップが、今でも店頭に立つことを大事にしていたり、仕事に対するプロフェッショナルな意識や情熱を持っているからでしょう。

SK-Ⅱには、成長意欲が高く、プロ意識を持って誰からも信頼されるような美容部員になりたいと本気で思っている人が向いていると考えます。

SK-Ⅱの選考基準と内定の秘訣


SK-Ⅱの選考基準は以下の4つと考えられます。

評価項目 具体的な指標
1.第一印象 世代を超えたお客様から愛される表情、清潔感、上品な雰囲気はあるか
2.積極性 何事も手を抜かず、積極的に取り組むか。粘り強く頑張ることができるか
3.人間性・教養 必要以上によく見せようとしていないか。誠実な人間かどうか。一般的な教養や社会常識を身につけているか
4.利他精神 誰かのために一生懸命になれるか。そこに喜びややりがいを感じられるか

1.第一印象

プレステージブランドであるSK-Ⅱの美容部員には、どんなお客様が来店しても、好感の持てる表情や風貌、清潔感、上品さなどが求められます。

また、スキンケアブランドでは、美容部員の肌そのものが商品の効果の証明になるので、美しい肌の状態を保つことも重要です。、

2.積極性

SK-Ⅱは、何事にも積極的に全力で取り組む人材を求めています。

部活動、ゼミ、サークル、アルバイト、ボランティアなど対象は何でもいいと思います。学生時代に頑張ったことを通じて、それらのことに全力で取り組んだかどうかを判断しています。

3.人間性・教養

富裕層や世代を超えたお客様を相手にする仕事には、誠実な人間性や教養が不可欠です。

学生とは言え、最低限のマナーや敬語は覚えておきましょう。また、趣味や世間話を通じてどの程度の教養を身につけているかも判断されるでしょう。

4.利他精神

SK-Ⅱでは、誰かのために尽くすことでやりがい・喜びを感じる人を求めています。

部活やゼミ、アルバイトでチームのために貢献した経験、ボランティアなどの取り組みを通じて、利己的ではなく利他的などうかを判断されるでしょう。

SK-Ⅱの内定の秘訣

採用HPにも書いてありますが、SK-Ⅱでは採用のキーワードとして「情熱」を掲げています。

これは、選考基準で言うと、まさに積極性です。つまり、面接では自己PRや志望動機をどれだけ「情熱」を持って熱く語ることができるかが重要です。

面接時間はたったの30分程度です。恥ずかしいと思う気持ちは捨てて、自分の熱量を最大化して、熱い思いを語りましょう。

SK-Ⅱを受けた学生や転職者の体験談


SK-Ⅱの選考を受けた学生や転職者の体験談よりSK-Ⅱの採用面接でよく聞かれる質問をまとめました。

1次面接│大学生・女性・19年卒
内容

【選考形式】
・形式:GD→集団面接
・時間:120分
・学生:GD6人→集団2人
・面接官:1人
・服装:スーツ

【GDのテーマ】
・あなたがSK-Ⅱの美容部員になったとき、どのようにお客様に紹介するか

【GDの流れ】
・各グループに1人現役の美容部員の方がついて、初めにお客様に何を質問するかディスカッションし、お客様役のBCの人に聞いて、お客様が購入して頂けるような紹介文を考え、BCの方を接客する。

【集団面接の雰囲気】
・女性の現役BCの方、笑顔で話を聞いてくれた。

【質問内容】
・「学生時代に最も力を入れて打ち込んだこと」を学生同士でインタビューし合う(5分くらい)
・提出したアプリケーションフォームの内容について、一人ずつ質問される。

【ポイント】
・学生同士のインタビューのときは、会話が続くようにたくさん質問をしてあげて、お互い助け合うことが大事だと思いました。

19年卒のSK-Ⅱの新卒1次面接は、GD→集団面接の2段階です。GDではチームメンバーの意見を尊重しつつも、積極的に議論に参加して積極性をアピールできたらベストです。

また、BCさんに紹介文をプレゼンする際は、熱量が伝わるように少しテンションをあげて臨みましょう。

学生同士のインタービューではチームワークを見ている可能性があるので、相手が話に詰まっていたり、緊張していたら、インタビューする側がうまくフォローするなどして、相手の話を引き出しつつ、協調性をアピールしましょう。

 

内定者のアドバイス│大学生・女性・19年卒

【内々定までのスケジュール】
・エントリー│2018年3月4日│WEB
・説明会│2018年4月9日│会社説明会
・1次試験│2018年4月9日│筆記試験
・2次試験│2018年4月23日│GD、集団面接
・3次試験│2018年5月7日│個人面接

【アドバイス】
美容部員に絞って就職活動をしている方は、学生時代に化粧品の販売に関わる何らかのアルバイトをしていた方がよいと思う。面接でアルバイトで行っていることや、美容に関する専門的な話ができてスムーズにいくと感じました。

SK-Ⅱでは、19年卒の新卒採用では面接は2回となっています。面接では美容に関する専門的な話ができるとスムーズと書いてあるので、もし学生時代に美容に関連するアルバイトを経験しているなら、しっかりとアピールしたほうが良いでしょう。

ただし、美容に関する知識や経験は必須ではないので、経験していない人は別の取り組みを通じてアピールすれば問題ないでしょう。

おわりに


SK-Ⅱの面接では、『誠実な人間性』『積極性』がポイントです。必要以上に自分をよく見せようとせず、終始笑顔で好感の持てる表情を意識しましょう。

また、自己PRや志望動機を語るときは、いつもよりテンションを高めて、情熱が伝わるようにプレゼンしましょう。

 

誰かのために何かしてあげたい、悩みを持っている人を助けてあげたい、利他の精神を持つ人にはピアスの美容部員が向いていると思います。

 

関連記事

・「どんな美容部員になりたいか」の考え方と事例集

・美容部員の採用面接で人間関係の良い会社を見抜く5つの逆質問

ブランド別の対策記事

・人気ブランドの選考対策一覧

この記事をかいた人

美容部員専門の就職転職対策サイト「ビューティーツリー」編集長/元日本化粧品検定顧問/戸板女子短期大学非常勤講師/インテリジェンス元営業/アイスタイルキャリア元社長