化粧品専門店で働く美容部員

化粧品専門店で働く美容部員

化粧品専門店で働く美容部員

化粧品専門店で働く美容部員とは、駅ビルやファッションビルに入っている化粧品を専門的に扱うショップで働く化粧品販売スタッフです。全国的に有名な化粧品専門店だとアットコスメストアや、イセタンミラー、フルーツギャザリング、コスメキッチン、コスメームやインクローバーなどがあり、地方の有力専門店としては、粧苑すきや@仙台、ギンザビビ@東京、パルファンくわこや@愛知、ヒロセヤ@岐阜、まさや@岡山などがあります。

化粧品専門店では、百貨店のように1カウンター1ブランドという形式ではなく、1つの店舗の中にさまざまなブランドの商品が並びます。扱うアイテム数は千を超えます。

そのため、化粧品専門店で働く美容部員には、美容やメイクアップに関する専門的な知識・スキルのほか、ブランドを横断した幅広い商品知識が求められます。また、来店するお客様の年齢層も幅広いため、年代問わず円滑にコミュニケーションできるスキルも必要です。

そのほか、化粧品専門店の店頭では、デモンストレーションを行ったり、メイクレッスンイベントなど、様々な販売促進イベントを実施していますので、イベントの企画やデモンストレーターなども行います。

化粧品専門店で働く美容部員になるには

化粧品専門店で働く美容部員になるには、気になる専門店があれば、ホームページを見てみたり、店頭の張り紙などをチェックしてみましょう。また、特に決まっていないのであれば、全国の化粧品専門店を掲載するキレイエでエリア検索して、気になる店舗があれば、直接問い合わせをしてみるといいでしょう。化粧品専門店には1店舗に多くても10名程度の美容部員しかおらず、大手化粧品メーカーと違って大々的な求人募集をしないので、直接問い合わせてみると実は募集しているというケースもあるでしょう。

化粧品専門店に入社すると、専門店独自の教育研修のほか、店頭で扱うブランドが開催する商品研修会にも定期的に参加します。また、資生堂やカネボウ、アルビオンといった大手化粧品メーカーが主催する美容部員コンテストなるイベントなどにも参加できます。

ひとつのブランドだけではなく、いろいろなブランドの化粧品を販売してみたい、接客販売だけでなく販促イベントの企画やデモンストレーターもやってみたい、地元に密着した美容部員になりたい、そのような想いを持つ方には化粧品専門店の美容部員が向いているでしょう。

この記事をかいた人

2002年大学卒業後、インテリジェンス入社。人材派遣の営業を担当後、@cosmeを運営するアイスタイルに入社し、美容部員専門の求人サイトを立ち上げ、2015年アイスタイルキャリアを設立、代表取締役社長に就任。全国の美容専門学校や短大にて就職アドバイザー、化粧品検定顧問を務める。2018年に美容部員専門のオンラインスクールと人材紹介事業を行う株式会社タレンタップを創業。これまで就職・転職支援してきた美容部員は1000名を超える。コスメ検定1級、ほめる達人検定3級取得。