異業種から美容部員に転職って大丈夫?中途採用者が多いってホント?

異業種から美容部員に転職って大丈夫?中途採用者が多いってホント?

未経験だけど美容部員になりたい!
でも美容関連の資格も持っていないし、美容の専門学校で勉強したこともない・・・
そんな人でも美容部員になることはできるの?

今回は、異業種からの転職、中途採用を目指す人の疑問にお答えします!

驚くほど中途採用が多い美容部員の世界

美容部員という職業は、中途採用からの採用が非常に多い職業です。

過去に私が美容部員として所属していたコーナーでは、当時4人中4人が中途採用、異業種からの転職を経て美容部員になっていました。
前職は美容師、アパレルの販売員、看護師など。本当にいろんなジャンルの仕事から美容部員になった人がいました。
なので、異業種から転職した私も全く浮くことはありませんでした。

また、中途採用ということで一緒に働く美容部員の年齢もバラバラ。

私は文系大学卒業後、他業種で4年働いた後の転職だったので20代半ばで美容部員に転職。

その当時、同じコーナーで働いた先輩は30代前半から40代半ばまでと幅広く、入社年もバラバラでした。

私の後輩として41歳のスタッフが入ってきたこともあったので、いまさら転職なんてもう遅い、なんて思わず、興味があれば積極的にチャレンジしてほしいです。

他ブランドから転職してくる美容部員も意外と多い

未経験、異業種からの転職と同じくらい多いのが、他ブランドから転職してきた美容部員。

身につけたスキルをそのまま活かすことができるので、本人も働きやすい上に、採用する企業も即戦力になるので採用率は高くなっています。
私自身、あとから入社した後輩が年齢も美容部員歴もはるかに長い大先輩だったこともありました。

女性が多い職場では、悲しいことに結婚や妊娠をきっかけに仕事を離れるケースも珍しくありません。
しかし、培ってきた美容知識と技術は失われないもの。

旦那さんの転勤先、子育てが一段落したあとでも美容部員として復帰することが可能です。

中でもチーフ職に就く先輩美容部員は、これまでに数多くのブランドを渡り歩いて来た人も少なくありません。
どこのブランドで経験したことも引き継いで活かすことができるのが、美容部員という職業ならではの魅力です。

知識が何もない・・・それでも美容部員になれる?

美容部員の研修内容

美容部員って専門職っぽいし、そんなに器用でもないけど、ほんとうに大丈夫?と心配する人も多いと思いますが、結論から言うと全く問題ありません。

美容部員は未経験者の採用が多いので、実際に店頭に立つまでに本社や研修センターで事前研修を受けることができるブランドがほとんどです。

足りない知識は現場立ってからでも補うことができますし、前職で接客経験などがあれば、そのまま活かして活躍することができます。
どんな異業種からの転職でも、美容部員になって活かせるスキルは、誰もが必ず持っています。

自信をもって大丈夫です!

美容部員になるなら早めの準備がおすすめ

美容部員になるなら早めの準備がおすすめ

美容部員になると決めたなら、準備は早く取り掛かるのがおすすめ。
特に未経験から美容部員を目指すなら、どんなブランドに就職しても役に立つ、基本的な肌の知識や化粧品の知識は身につけていて損はありません。

熱心な姿勢は面接時のアピールにもなりますし、なにより知識があることで助かるのは自分自身です。
関連書籍やオンラインスクールなどで早めのスタートダッシュ切りましょう!

この記事をかいた人

元美容部員のフリーライター。百貨店勤務の美容部員時代の経験を活かし、美容知識やコスメレビュー記事を執筆しています。当サイトでは美容部員を目指す方々にとって有益な情報と、美容部員の楽しさを発信しています!