• 内定者セミナー

美容部員の転職│正社員と派遣社員の待遇の違いは?どっちを選ぶべき?

美容部員の転職│正社員と派遣社員の待遇の違いは?どっちを選ぶべき?

求人に応募しようと思ったら、派遣の仕事だった。
派遣って何? 正社員とは何か違うの? 正社員と派遣って、どっちがいいの?

美容部員の仕事を探すなかで、そのような悩みを持たれた人もいるかと思います。10年間にわたって化粧品業界の人事に関わってきた私がこの悩みにお応えします。

まず、フルタイムとして美容部員で働くには、化粧品会社の直接雇用となる正社員(または契約社員)で働くパターンと、派遣会社に登録して働く派遣社員の2通りあります。※アルバイトやパートは契約社員に含めます。

正社員と契約社員と派遣社員の比較

正社員とは

・無期雇用の契約で、契約期間に定めがない。
・よほどのことがない限り、解雇されることはない。
・給与や福利厚生面では、派遣社員や契約社員と比べて有利なケースが多い。

つまり、正社員は簡単には解雇されないため、最も安定した雇用形態だと言えます。

契約社員とは

・有期雇用の契約で、契約期間に定めがある。
・契約期間の上限は3年で、1年契約の企業が多い。
・正社員に比べて、給与や福利厚生面で若干劣るケースが多い

契約社員にするのは、試用期間としてお試し入社させるケースもあれば、長期的な雇用が約束できない契約社員を導入するケースもあり、特に外資系ブランドなどに多い。

契約社員は正社員に比べて条件は若干劣るものの、契約を何度も更新していたり、業務内容や役割が正社員と変わらない場合は、正社員と同様、企業はよほどの理由なしに契約を終了することはできません。

派遣社員とは

・紹介予定派遣、登録型派遣、常用型派遣の3つの種類があり、派遣として働く場合はほとんどが登録型派遣。
・登録型派遣は働いている期間のみ賃金が発生し、契約期間は1ヶ月~3ヶ月ごとの更新が一般的。
・派遣社員は急な欠員の代替や期間限定のヘルプといった臨時的要素が強い。
・派遣社員の給与は、時間給×労働時間。
・給与のほか、交通費やインセンティブを支給してくれる場合もある。
・派遣では事前の面接禁止と法律で決まっているが、実態としては職場見学という名目で面接をしているケースがほとんど。

派遣社員は、雇用条件は時間給で契約期間も存在するため、時給の良いアルバイトのようなイメージに近いです。

紹介予定派遣とは

お試し期間を設ける目的で導入する会社がほとんどで、一定期間(最長6ヶ月)働いたあと、派遣社員と企業が双方合意すれば、正社員または契約社員として採用されます。

また、仮に企業が採用しない場合は、派遣社員の求めに応じて、登用しない理由を明らかにして書面にて通知することが義務付けられているので、派遣社員の勤務態度に問題があったり、販売現場で成果が著しく低いなど、それ相応の理由がなければ、企業はカンタンに採用を見送ることはできません。

正社員と派遣社員の違い

年収は50万円以上の差

ざっくり計算すると、正社員として月給20万円で働いた場合、一般的なメーカーの美容部員の賞与は約2カ月分@年支給されるところが多く、月給20万円×14カ月=年280万円程度。そのほか、インセンティブなど月2~3万円支給されることを想定すると

美容部員に正社員で転職した初年度の年収は300万円~320円くらいとなります。

一方で、派遣社員の場合、平均時給1300円で働いた場合、月額給与は1300円×8時間×月20日=20万8千円。年収は20万8千円×12ヶ月=249万6千円。一般的に賞与やインセンティブ、通勤交通費は支給されないため

美容部員に派遣社員になった初年度の年収は年収は約250万円くらいです。

すべてにおいて、上記が当てはまるわけではありませんが、ざっくり比較すると、正社員は派遣社員の年収よりも66万円高くなります。

また、一般的に正社員は昇給があるのに対し、派遣社員は昇給がほぼありませんので、期間が長くなればなるほど収入格差は広がっていきます。

残業すると正社員は称賛、派遣は非難?!

派遣社員は、実際に働いた時間×時給が給与となるため残業したらそれはすべて収入となります。

一見、メリットのようにも感じますが、会社側の視点で見ると、派遣社員は残業した分がすべてコストになるので、極力残業させたくありません。

残業対象となるのは正社員も同じですが、実態としては、見込み残業というカタチで最初から給与に残業代を含めて払っているケースもあれば、自己都合で残業する場合はタイムカードを押してから残業することが常態化している職場もあったりしますので、正社員や契約社員に比べて、派遣社員は残業する=コストが増加すると見られがちです。

そのため、残業するにしても、正社員ならば頑張っていると評価される傾向があるのに対して、派遣社員ならば要領が悪くコストがかかっているという評価をされてしまうこともしばしばあって、ゼッタイ定時に帰りたい人にはいいけど、そうじゃない人だと、ちょっと働きづらいかも知れません。

派遣社員でキャリアアップするのは現実的には難しい

美容部員になった後のキャリアは、サブチーフ、チーフ、店長という順番に昇格していくのが一般的です。その後は、複数の店舗を管理するエリアマネージャーやスーパーバイザー、美容部員を育成する教育トレーナーを目指します。

また、ブランドによっては、美容部員からメイクアップアーティストにステップアップできるところもあります。ただし、これらのポジションのほとんどは、正社員または契約社員となるため、もし美容部員の先のキャリアアップを考えている場合は、正社員か契約社員でスタートする必要があるでしょう。

おわりに

働く目的や仕事に求めることによって、マッチする働き方も変わってくるため、一概にこれがベスト!とは言い切れませんが、

働く上での特別な制約がなく、フルタイムで働くことを前提とすれば、正社員または契約社員で働くことをオススメします。収入面では派遣よりも優遇されますし、簡単には解雇されにくいし、教育研修も充実しているし、キャリアアップも図りやすいからです。

逆に、条件は多少悪くても、そこまで責任を持ちたくない、限られた範囲で仕事がしたいという人は派遣社員で働くほうが向いているかも知れません。

これまでは、求人数よりも求職者数の方が多かったので、化粧品メーカーは人を選べる立場であり、契約社員や派遣社員でも人がカンタンに募集できましたが、今では求人数が求職者数を大きく上回り、今後もこの状態が続いていくことを考えると、化粧品メーカーもそうは言ってられず、よりよい条件の正社員で採用しないと人が採れなくなってきています。

求職者目線で言えば、これまで条件が厳しかったブランドが契約社員や派遣社員を正社員へ積極的に切り替えていたり、超人気ブランドでも比較的選考通過しやすくなっていたりするので、正社員になるチャンスが広がっていると言えます。

関連記事

・派遣社員で働くメリット・デメリットを検証

・美容部員になったら身につくスキルとその後のキャリア

・美容部員の面接で必ず聞かれる質問10選

この記事をかいた人

2002年大学卒業後、インテリジェンス入社。人材派遣の営業を担当後、@cosmeを運営するアイスタイルに入社し、美容部員専門の求人サイトを立ち上げ、2015年アイスタイルキャリアを設立、代表取締役社長に就任。全国の美容専門学校や短大にて就職アドバイザー、化粧品検定顧問を務める。2018年に美容部員専門のオンラインスクールと人材紹介事業を行う株式会社タレンタップを創業。これまで就職・転職支援してきた美容部員は1000名を超える。コスメ検定1級、ほめる達人検定3級取得。