• 内定者セミナー

婚礼様式からブライダル業界を知ろう

宗教色によって分類されるキリスト教式・神前式・人前式・仏前式をベースに、
現代のニーズは披露宴無しや1.5次会形式、挙式無しのフォトウェディングなど多様化している。

結婚式のスタイル

ブライダル業界で働く上で、現代における婚礼様式の理解は必須です。
挙式にも様々なスタイルがあり、憧れや好みによって選ばれています。

キリスト教式


教会式とも言われ、結婚式を挙げるカップルの半数以上に選ばれている挙式スタイルです。
クリスチャンでなくても、ホテルや専門式場(チャペル)、海外でも行え、本物の教会で行う場合は事前に講座や礼拝に通うことが必要になる場合もあります。
聖歌隊やオルガン奏者がおり、牧師の指示のもと神に結婚を誓います。
ウェディングドレスにベールを着けてバージンロードを歩き、指輪の交換などを行う儀式は女性の永遠の憧れとも象徴されます。

神前式


主に神社で行いますが、最近では神前式の結婚式を挙げられるホテルや結婚式場も増えています。
基本的には、両家の親族のみが神社の本殿で行われる挙式に参列しますが、神社によっては親族以外も参列できたり、境内から式の様子を見ることができる場合もあります。
白無垢などの和装を着て三三九度の杯を行う、伝統的で厳粛な雰囲気が特徴です。

人前式(じんぜんしき・ひとまえしき)

宗教感を持たずにゲストの前で結婚を誓う現代的なスタイルです。
人前式の魅力は、結婚式を挙げる場所や挙式の衣裳など形式にとらわれることなく、ふたりで自由にアレンジした結婚式を挙げることができるということです。

世代によっては、あまり馴染みのない挙式スタイルのため、理解されにくいケースもあります。ふたりだけで決める前に親族の意向も確認した上で選ぶことも大切です。

仏前式

他の挙式スタイルに比べると少数派で仏様・ご先祖様・親族に結婚の報告を行うスタイルです。新郎新婦どちらかの宗派の寺院で、もしくは僧侶を招き自宅の仏壇の前で行います。一部のホテルや結婚式場でも行うこともできるようです。

その他(挙式のみ・1.5次会・フォトウェディング)

これまでは挙式の後に、ゲストを招待して行う披露宴がセットであり、挙式以上のメインイベントと考える人も多かったと言えますが、披露宴を行わずに挙式のみを行うカップルも年々増加傾向にあります。
理由としては、費用を節約したい・家族だけで行いたい・派手に行う必要を感じない・ マタニティになり時間がない、等が挙げられますが、何もしないのは嫌だ、ドレスは着たいと思っている女性も少なくないためです。

パーティー感覚で開くことが魅力的な1.5次会では、披露宴のようにフォーマルな印象はなく、披露宴の2次会ほどはカジュアルになりすぎないスタイルになります。
親族だけで海外挙式を行ない、帰国後に披露パーティーとして友人を招くスタイルとしても定着してきました。
多くはご祝儀制に比べて少額の会費制で参加できるため、ゲストとしても金銭的負担が少なく、内容をカジュアルにして引き出物を準備しないなどの部分でカップルの費用負担も抑えられると言えます。

挙式も披露宴も行わずに、写真だけを残すのがフォトウェディングというスタイルです。フォトウエディングでは、自分の好きな衣裳を着て屋外のロケーション撮影やスタジオ撮影、ハネムーンを兼ねてリゾート地での撮影も可能です。

この様に現在では、挙式や披露宴に対する考え方が多様化しているために、ブライダル業界での職種も多岐に渡っているのが現状です。