ポーラ(POLA)の美容部員の選考対策│面接官に刺さる志望動機と内定の秘訣

ポーラ(POLA)の美容部員の選考対策│面接官に刺さる志望動機と内定の秘訣

日本を代表する化粧品メーカー『ポーラ(POLA)』は、総合化粧品ブランドとして幅広い年代層に支持されています。現在、ポーラは45,000名を超える美容部員を抱えて、国内4200店舗で活躍しています。

ポーラの選考を受ける人は企業理念の「Science. Art. Love.」をしっかり理解しておきましょう。

Scienceとは「世界トップレベルの研究開発による斬新な商品の開発」を目指し、Artではデザインによってお客様に感動と喜びを届けることを目指し、Loveではお客様一人ひとりと真摯に向き合うというポーラの企業スタンスを表しています。

つまり、これまでになかったような新しいものを開発して、「あっ!とても素敵」って思ってもらえるようなブランドの世界観を作り、美容部員がお客様一人ひとりと真摯に向き合って商品を届けることを大事にしています。

多くの学生にはあまり知られていませんが、ポーラは美容に関する研究機関を持っていて、研究成果は常に世界のトップレベルで、これまでになかった革新的な化粧品を生み出し続けています。

ポーラと聞くと、歴史がある伝統的な日系企業というイメージを持つ人も多いかと思いますが、実態は異なり、業界初となる新しい取り組みや斬新な商品を世の中に提案するとてもクリエイティブな会社です。

ポーラはスキンケアメインの商品ラインナップで、高級化粧品を扱っているため、学生には馴染みの薄いブランドかも知れませんが、美容部員志望の学生なら、企業を調べてブランドの理解を深めておいたほうがいいでしょう。

過去の応募者や内定者の体験談からポーラが求める人材像や選考のポイント、面接官に刺さるであろう志望動機について、考察していきます。

 

 

ポーラ(POLA)の求める人物像

ポーラ(POLA)の求める人物像

志望企業の求める人物像を理解するには、採用HPを見ることが最適です。ポーラの採用HPには、以下のメッセージが掲載されています。

「一人ひとりの人間を尊重し、愛あふれる関係を築く」
一人のために何ができるのかを思い続け、お客さまを美しくすることがポーラの使命。ビューティーコーディネーターは、どこまでも真摯にお客さまと向き合い、お互いに高め合いながら良好な関係を築いていきます。それがポーラの考えるLoveです。ポーラではそのLoveを、全国の老人ホーム・病院を訪れてエステやメークなどを行う「美容ボランティア」や「子宮頸がん啓発活動の支援」など、さまざまなアクションによって発信しています。

ポーラでは「Love:人を愛する気持ち」「お客様と真摯に向き合う」「お客様と良好な関係を築くこと」を大切にしていることが分かります。

つまり、

すべての人に愛情を持って接することができる誠実な人間性

を美容部員に求めています。

ポーラは総合化粧品メーカーとして、若い女性から年齢を重ねた女性まで、幅広い年代のお客様をターゲットにしています。そして、祖母と母と娘の世代を超えたポーラファンを作ることを目指しているため、ポーラの美容部員には「世代を超えて誰からも愛される人間性」が求められます。

「この世代を超えた誰からも愛される人間性」はポーラの美容部員になるための必要条件ですので、覚えておきましょう。

 

また、美容部員のクロストークというコーナーには、ポーラが美容部員に求める五か条が紹介されています。

ポーラには、ビューティーコーディネーターが大切にしている5つの美があります。
1.心の美/姿勢/学ぼうとする素直な心
2.智の美/教養感動を提供する情報と知恵
3.芸(わざ)の美/美容/確かな技術と知識
4.礼の美/顧客視点/真心で接する心
5.和の美/チームワーク/思いやり、敬い、助け合う心

解釈すると、

1.学ぶ姿勢(主体性、積極性ともいう)
2.趣味や遊びといった教養(知識の幅や面白さ)
3.技術と知識
4.礼儀や誠実さ
5.他者への愛情

この5つの要素を兼ね備えている人材を求めているということです。ただし、3の技術や知識は入社後に必要になるものの、就職活動の段階では必要ないので、ここでは無視して問題ないでしょう。

ポーラ(POLA)の選考基準と内定の秘訣

ポーラ(POLA)の選考基準と対策

求める人物像が分かったら、選考基準は明確になります。

ポーラの美容部員の選考基準は、

世代を超えて誰からも愛される人間性

が大前提にあり、

さらに

・目標に向かって努力したり、積極的に行動したことがあるか
・この人面白いって思えるような趣味や遊びがあるかどうか
・人への配慮や誠実さはあるか
・他人とうまくやれる人か

の4つがあります。

世代を超えて誰からも愛される人間性

ポーラのような歴史のある化粧品メーカーでは、年齢を重ねた女性からも愛されるような若い人材を採用する傾向にあります。両親や祖父母との関係、年齢が離れた親戚や知り合いとのつながりを聞いて、世代を超えて人と良好な関係を保っているかどうかを判断します。

そのため、自己PRや志望動機には、祖母や母など世代を超えた関係をアピールできるとベストです。

例)私は美容を通じてたくさんの人に笑顔を届けたいです。年末に祖母の家に家族で帰省した際、私が専門学校でメイクアップを学んでいることを伝えると、80歳を超える祖母にメイクをしてほしいといわれました。祖母がこれまで使ったことがないような色を使って、丁寧に仕上げたところ、あまりの変化にびっくりしたようで、とても喜んでくれました。その姿を見た祖父も嬉しそうな表情になり、メイクを通じて家族がつながった瞬間でした。美容には、年齢や性別を超えて人を笑顔に変える力があると思います。(専門学校生|女性|19年卒)

この文章のように、祖父母や両親との世代を超えた関係から志望動機を語れると印象はかなり良くなるでしょう。

必要条件に加えて4つの選考基準の対策

1.目標に向かって努力したり、積極的に行動したことがあるか

これは学生時代に頑張ったことを通じて、あなたが目標に向かって努力できる、受け身ではなく積極的に行動する人間ということをアピールしましょう。

2.この人面白いって思えるような趣味や遊びがあるかどうか

これは、心の豊かさをアピールする必要があります。つまり、あなたのイメージとギャップがあるものをアピールできると魅力的に見えます。

また、ポーラは幅広い年代のお客様をターゲットとしています。同年代よりは、年齢を重ねた女性と共通の話題が持てるような趣味や特技があればベストです。具体的には、真面目そうに見えて空手、書道、華道などをやっていたとか、変わった研究やアルバイトをしているとか、ギャップがあればあるほど良いです。

3.人への配慮や誠実さはあるか

これは、ESの文章や第一印象、面接の対応で判断されます。完璧な礼儀やマナーを求めているわけではなく、誠実な対応ができるかどうかです。ESには読み手を意識した文章になっているか、挨拶をちゃんとできたか、笑顔で対応してくれたか、姿勢は整っているか、どんな質問をしても誠実に対応したか、時間を守るか、一方的に話していないか、ほかの人が発言している時はしっかり人の話を聞いているか、といった点は意識しておきましょう。

4.他人とうまくやれる人か

美容部員はチームで行動するため、チーム内での協調性があるかどうかを判断しています。具体的には他人と良い関係を築くための自分なりのコツを1つ、明確にしておくことです。

他人の良いところを見つける、ありがとうをたくさん言う、常に笑顔で接する、相手の話を聞く、相手の意見を否定しない、受け入れる、など何でもいいです。自分なりのコツを1つ決めて、それを実践したエピソードでアピールしましょう。

ポーラ(POLA)の選考を受けた学生の体験談

ポーラの選考を受けた学生の体験談
1次面接│短大生・女性・19年卒
内容

【選考形式】
・形式:集団面接
・時間:30分
・学生:3人
・面接官:2人
・服装:スーツ

【面接の雰囲気】
・とてもきっちりとした印象で、あまりカジュアルな雰囲気ではなかった。

【質問内容】
・なんでポーラなのか、あなたが考えるポーラの魅力とは何ですか?
・美容部員の仕事の魅力は何ですか?
・学生時代に頑張ったことは何か
・ポーラの採用ページは見たか?どのように感じたか?(魅力に感じたことは?)
・百貨店の美容部員を選んだ理由

【ポイント】
・ポーラは、真摯に向き合うことを大事にしているので、面接では常に笑顔を心がけて、面接官の目を見て、落ち着いて話すようにしました。
・とてもきっちりしている印象を受けたので、髪形や身だしなみはちゃんとしておいたほうがいいと思います。

会社や美容部員の仕事理解が重要

この体験談を見ると、ポーラのこと、美容部員の仕事のことをしっかり理解できているかを確認していますので、「ポーラは〇〇な会社」という自分なりのイメージを先に決めておくといいでしょう。さらに、〇〇に来る言葉は、当然、採用HPに出ているScience、Art、Loveのどれかにリンクしていると理想的です。

ポーラは伝統と変革を合わせ持つ会社、ポーラは新しい文化を創る会社、ポーラはすべての人に愛のある会社と、といった感じで、自分なりの言葉にしておくと、いざ面接で聞かれても落ち着いて対応できるでしょう。

また、採用ホームページを見たかどうかも聞かれていますので、事前に採用ホームページをしっかりチェックして、さらにどこに魅力を感じたかどうかもキーワードで覚えておきましょう。

例)クロストークに登場していた美容部員の加藤さんのコメントで「ポーラはチームで接客することを大切にしている」と書いてありまして、これまでチームで何かを達成することにやりがいを感じてきた私には、とても印象的でした。

ポーラは百貨店のみの採用

ポーラは、資生堂やコーセー、アルビオンなどの大手化粧品メーカーとは異なり、百貨店で働く美容部員だけを採用しています。

そのため、過去の応募者の体験談を見ると、

百貨店とその他の販売チャネルとの違いは何か?

という質問をされるケースもありますので、百貨店とその他の化粧品販売店の美容部員の違いは事前に自分なりの考えをまとめておきましょう。

おわりに

おわりに

ポーラの美容部員の採用では、世代を超えたつながりをアピールできるように対策しておきましょう。ボランティア活動なども一つへの愛情という角度から見ればアピールになるでしょう。

面接では、志望動機を詳しく聞かれます。会社HPや採用HPを事前に確認して、自分なりに魅力に感じたものは何か、具体的にどんなメッセージだったか、なぜそれが魅力に感じたのかの3点は整理しておくといいでしょう。

また、あらゆる世代のお客様と信頼関係を構築する必要がありますので、服装や身だしなみには清潔感を意識して、誠実な対応を心がけましょう。

関連記事

【面接対策】美容部員の就活│1次面接でよく聞かれる質問20選

美容部員の就活対策!ブランド別のエントリーシート・志望動機の徹底対策

【面接対策】「どんな美容部員になりたいか」の考え方と事例集

ブランド別の選考対策

人気ブランドの選考対策と内定の秘訣まとめ

この記事をかいた人

美容部員専門の就職転職対策サイト「ビューティーツリー」編集長/元日本化粧品検定顧問/戸板女子短期大学非常勤講師/インテリジェンス元営業/アイスタイルキャリア元社長