• 21年卒向け美容部員の就活イベント

ディオール(Dior)の美容部員の選考対策│面接官に刺さる志望動機と内定の秘訣

ディオール(Dior)の美容部員の選考対策│面接官に刺さる志望動機と内定の秘訣

パルファン・クリスチャン・ディオールは、ディオールブランドの香水(parfum/パルファン)、スキンケア、メイクアップなどのビューティー領域を担っています。ディオールでは、美容部員を「ビューティスト」と呼び、ビューティストは全国の百貨店や空港免税店でディオールのメイクアップ、スキンケア、香水を販売しています。

ディオールの2020年度の新卒採用は、大手就職サイトは利用せず、自社採用HPのみの募集受付となっています。これは、おそらくディオールは人気ブランドのため、大手媒体に掲載しなくても応募が十分集まること、ディオールに本気で入社したいと思う人だけを採用したいと考えて自社採用HPのみの募集としているのでしょう。

専門学校生と短大生・四大生ではエントリーフォームが分かれており、専門的なスキルを持った人材と未経験の2つの採用枠で新卒を募集している可能性があります。ディオールの新卒採用に関する情報はかなり少なく、HPやビューティーツリーに掲載されている学生の選考体験談を参考に、ディオールの求める人物像や選考基準と内定の秘訣、面接官に刺さるであろう志望動機について、考察していきます。

 

 

ディオールの美容部員として働く魅力

イセタンミラーの美容部員として働く魅力

ディオールのビューティストとして働く魅力は、以下2点あると考えます。

1.世界のトップブランドの一員として働くことができる
2.専門的な分野を深めることができる

1.世界のトップブランドの一員として働くことができる

もし皆さんがディオールのビューティストとして働くことになったら、皆さんがディオールのビューティストに憧れを抱いたように、皆さんに憧れを抱く人がたくさん出てくるでしょう。

当然、一流ブランドのディオールのビューティストとして活躍するには、ハードワークにも耐えられるメンタルや体力、豊富な知識や高い技術など、人間としての成長は欠かせません。それでも、ディオールというブランドに憧れと愛情を持つ人からすれば、ディオールに所属しているという意識は、何物にも代えがたいモチベーションの源泉になるでしょう。

世界トップブランドの一員として働くことができている実感こそが、ディオールで働く魅力でしょう。

 

2.専門的な分野を深めることができる

ディオールの新卒採用HPの専門学校生向けページには、カラースタイリストとして活躍するビューティストのインタビュー動画が掲載されています。その動画で、ディオールで働く魅力として以下のメッセージを発信しています。

メイクアップ、スキンケア、フレグランス、自分の好きな専門の分野を深められること。また、社内資格を取得でき、さらに専門的な技術を学ぶことができる

ディオールで働くビューティストには一流ブランドにふさわしい接客技術のほか、知識や技術を身につける必要があります。当然、プロとして自ら学習する姿勢は不可欠ですが、ディオールには一流のビューティストを育てる仕組みが構築されているのでしょう。

つまり、ディオールのビューティストとして頑張れば、一流ブランドにふさわしい専門的な知識や技術を持つ人材になれるということです。これがディオールで働く2つ目の魅力でしょう。

 

ディオールの求める人物像

ディオールの新卒採用HPの専門学校生向けページには、以下のような会社からのメッセージが掲載されています。

あなたが積み重ねた美に対する知識や想いを生かして、多くのお客様にクリスチャン・ディオールの魅力を伝えてください。

このメッセージにはディオールが求める人物像を考えるヒントが2つあると考えます。1つ目は「積み重ねた美に対する知識や想いを生かす」ということです。つまり、美に対する知識や技術を積み重ねる=継続的に学習する=粘り強く努力できる人材が必要ということです。

2つ目は「多くのお客様にクリスチャン・ディオールの魅力を伝えてください」ということです。つまり、お客様にディオールの魅力を語れるくらいディオールに愛を持っている人材が必要ということです。

これらの情報から、ディオールの求める人物像とは
・簡単には諦めずに粘り強く努力できる人材
・ディオールに愛を持っている人材

の2点だと考えます。

ディオールの選考基準と内定の秘訣

採用HPの情報や19年卒内定者の声をもとにディオールの選考基準は以下の5つと考えます。

1.ディオールにふさわしいかどうか
2.タフさ、粘り強さ
3.ディオール愛
4.コミュニケーション力
5.プレゼン力

1.ディオールにふさわしいかどうか

コレクションブランドのディオールでは、美容部員もそのブランドの一部になるため、風貌、見た目の第一印象、雰囲気、面接での会話を通じた人間性などから、ディオールのビューティストにふさわしいかどうかを判断されます。

ディオールは「女性を美しくする」プロであり、あなた自身が面接に臨む前に、「自分の魅力とは何か」「自分の魅力を美しく見せるための服装や髪形、メイク、動作、発言、表情、言葉遣い」を意識することが重要です。

例えば、「優しい安心感を生む目」が自分の魅力(=コンセプト)なら、その目をより美しくするための服装、髪形、メイク…を意識することです。すべてはコンセプトありきで考えることです。

2.タフさ。粘り強さ

ディオールに限らず、人気ブランドはどこもお客様の来店数が多くハードワークです。また、求められる接客レベルも高く、売上数字もしっかりと意識する必要があるので、メンタル的なタフさが必要です。

先輩に叱られた、お客様にクレームを言われた、ミスをしてしまった…と凹む瞬間があったとして、諦めずに粘り強く続けることができるかどうか、苦境を乗り越えるタフさがあるかどうかを判断されるでしょう。部活動やアルバイトなどで苦境を味わいながらも粘り強く最後までやり続けたエピソードがあれば、それをしっかりアピールしましょう。

3.ディオール愛

ディオールのビューティストは、化粧品や接客を通じてディオールの魅力を伝えることが仕事です。そのためには、ディオールで働くビューティスト自身がディオール愛がないと務まりません。

なぜディオールなのか、ディオールじゃなければならない理由は何なのか。ディオールを初めて知って、ディオールのファンになったきっかけを丁寧に振り返り、あなたにしか語れないディオールの志望動機を語りましょう。

4.コミュニケーション力

ディオールのようにお客様の来店数が多いブランドでは、限られた時間でお客様のニーズを把握して、的確に提案する高いコミュニケーション力が不可欠です。

面接ではあなたの回答に対して、「なぜそうなのか」「どうしてそう感じたのか」とさらに深く質問をされます。その都度、「相手は何が聞きたいのか」を短い時間で考えながら、的確な回答をする必要があります。事前に模擬面接などを経験して、面接官のあらゆる質問に的確に回答できるようにトレーニングするとスムーズでしょう。

5.プレゼン力

ディオールでは、応募時に志望動機を30秒でプレゼンしたり、面接で自分の好きなものを30秒でプレゼンするといったプレゼン力を試されるケースがあるようです。それは、ディオールのようにお客様の来店数が多く、限られた時間で商品の魅力をしっかり伝えるためには、プレゼン力は不可欠だからでしょう。

もともとプレゼンが得意な人は特に対策は必要ないかも知れませんが、不安な人はトレーニングすることをオススメします。30秒で自己紹介してみる、30秒でディオールの応募動機をまとめてみる、テーマは何でも構わないので、事前に対策をしっかりとすることです。

内定の秘訣

ディオールのビューティストは、「お客様をより美しくするだけでなく、より幸せにすること」がミッションです。つまり、知識や技術で美しくするのではなく、ビューティストの存在でお客様を幸せにする必要があるので、シンプルに相手にエネルギーを与えるような明るい笑顔、イキイキとした表情で面接に臨むことが内定の秘訣だと考えます。

面接は30分のライブだと思って、面接官や同席した学生全員にエネルギーを届けるくらいの気持ちを持って面接に参加しましょう。

ディオールの面接を受けた学生の体験談

1次面接│短大生・女性・19年卒

【選考形式】
・形式:集団面接
・時間:30分
・学生:4人
・面接官:3人
・服装:スーツ

【面接の雰囲気】
・1次面接は志望動機よりも「どんな人であるか」という中身を見ることがメインだったので、なるべく自然体でいられるようなラフな空間を作って下さいました。

【質問内容】
・普段、一緒に過ごしている友人たちは何人ぐらいか(大人数なのか少数派なのかなど)
・友人たちの中で自分はいつもどのようなポジションにいるのか(ムードメーカーで盛り上げ上手なのか、リーダー的な人を支えるタイプなのかなど)
・やる気が出るときとネガティブになるときはどんな時?
・自分の好きなものについて(何でもOK)30秒~1分でプレゼンして!
・どこの業界を見ているか、内定はいくつもらっているか(選考を受けているか)

【ポイント】
・明るく元気に振舞うこと!
・よく聞く志望動機や学生時代に頑張ったことなどは一切聞かれません。その場で臨機応変に答える形なので、うまく話せなくても常に笑顔を忘れずに!

30秒プレゼンがあるようですので、少なくとも30秒で自己紹介はできるようにトレーニングしておきましょう。また、定番のガクチカなどの質問ではなく、面接での会話の流れから質問をしてくるようなので、対策としては「自分の強みは何か」「志望動機の軸は何か」の2点だけしっかりとクリアにしておけば問題ないでしょう。あとは会話を楽しむことが重要です。

 

 

おわりに

おわりに

ディオールは世界トップブランドであり、ブランドの顔となるビューティストはとても人気で、内定を獲得するのは決して簡単ではありません。どうしてもディオールに入社したい人は、自己分析、ブランド研究、志望動機、面接対策のどれをとっても高いレベルのものが求められるため、キャリアセンターやプロの力を借りながら、事前対策を徹底的に行いましょう。

特に面接ではプレゼン力を試されるため、面接対策トレーニングは十分に時間を取って対策することをオススメします。

 

関連記事

・「どんな美容部員になりたいか」の考え方と事例集

・美容部員の採用面接で人間関係の良い会社を見抜く5つの逆質問

ブランド別の対策記事

・人気ブランドの選考対策一覧

この記事をかいた人

美容部員専門の就職転職対策サイト「ビューティーツリー」編集長/元日本化粧品検定顧問/戸板女子短期大学非常勤講師/インテリジェンス元営業/アイスタイルキャリア元社長