• 聖心美容クリニックをとことん知るセミナーバナー

【選考対策】自己分析の方法から「就活の軸」の定め方|美容部員(BA)の内定者が方法をご紹介


美容部員を目指す就活生の皆さん、
面接で「自分の強みは何ですか?」「就職活動の軸を教えてください。」と質問されたら、すぐに回答できますか?

自己分析は、自分の性格・これまでの経験を分析し、自分の「強み」を見出す作業のことを言います。
自己分析を通して「過去~現在」の自分と向き合い、
さらに「未来」を具体的にイメージすると、就職活動の軸は定まっていきます。
就職活動の軸とは、将来像を考えることで定まる企業選びの「基準」になります。

今回は『自己分析』の方法と『就職活動の軸』の定め方を美容業界の就職活動を昨年終えた私がご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

 

 

自己分析で自分の「強み」を知ろう

自分の性格を分析し、自分の「強み」を認識するための3ステップをご紹介します。
難しく考えず、楽しみながら行いましょう!

1.診断テストで「性格」を分析しよう

自分の性格を確認・認識・言語化するために、まずは「診断テスト」を受けるところから始めましょう!
診断テストのオススメ2つをご紹介します。自分の性格は自身が1番よく理解しているものですが、データから改めて認識できることもあります。2つで1時間以内にできるので、ぜひ1度試してみてください!
 
・性格診断「ビックファイブ 5つの性格診断 心理テスト」
ビックファイブ 5つの性格診断 心理テスト
・適性診断「マイナビ 適性診断MATCH plus」
適性診断MATCH plus

 

2.自分史を作成して「強み」を分析しよう

続いて、自分の強みを明らかにするために、自分史の作成を行います。
ここでは「印象に残っている経験」「頑張った経験」を表にまとめます。
私は下の通りに作成しました。経験から何を学び、現在に活かされていることはあるか。各エピソードを深堀りし、自分の強みや価値観を探っていきましょう!

経験の内容 取り組んだきっかけ 頑張れた理由は何か? 経験から何を学んだか?
小学校
中学校
高校
大学/専門学校

3.他己分析で「他人から見た自分」を知ろう

自分史の作成後に必ず行ってほしいのが、他己分析です。
他人から見た自分を知り、認識とズレがないかを確認します。私は家族と一緒に自分史に記入したエピソードを振り返ったり、仲の良い友人にアドバイスをもらいました!

面接で「周囲からどんな性格(人)だと言われますか?」と質問されたこともあります。他己分析を通して、他人から見た自分の性格を知っておくことはとても重要です。

以下は、就活時に私の友人の多くが利用していたマイナビ提供の「他己分析ツール」です。
LINEで送信するだけの簡単なツールなので、ぜひ活用すると良いと思われます。
 
マイナビ「お願い!他己分析」
 

「就職活動の軸」を定めよう

自己分析を通して、自分の強みは認識できたでしょうか?
過去から現在の自分と向き合うことで、「将来やりたいこと=未来」は見えてきます。
ここからは、いよいよ「就職活動の軸」となる企業選びの「基準」を定めていきます。

1.仕事における「目標」を設定しよう

まず、仕事を通して達成したい「目標」を考えましょう。就活をこれから始めるという方は、大まかで大丈夫です。
目標を定めることで志望企業の絞り込みができ、さらに入社後の目標達成に向けた自分の行動まで具体的に考えることができます。

より明確な「目標」に持つために、私はインターンシップや会社説明会に積極的に参加し、店頭で活躍されている美容部員の方にお話を聞くなどしました。
目標の例として、私が最終的に設定した2つをご紹介します。
 
・カウンセリングを通してお客様が抱える不安や悩みに寄り添い、笑顔にしたい。
・店舗経験を活かして、将来的には本社で商品開発や広報の仕事をしたい。
 
面接で「将来どんな美容部員になりたいか?」と質問されましたが、明確な目標を持っていると難なく回答することができました!

2.「ライフプラン」を考えよう

続いて、ライフプラン(=人生設計)を考えます。企業に何を求めるか条件をあげるには、まず自分の将来をイメージしておく必要があります。
「WORK(仕事)」「LIFE(仕事以外の生活)」と「時間軸(5,10,15,20年後)」に分け、下の通りに作成しましょう。
10年後には結婚していたいな~など、将来をイメージしながら簡単にまとめてください。

WORK LIFE
5年後
10年後
15年後
20年後

3.「企業に求める条件」をまとめよう

設定した目標・ライフプランを基に、下の《主な条件》に対してそれぞれ自分の希望を書いてまとめましょう。例を参考にしてみてください。

《主な条件》
仕事内容、企業の将来性、キャリア制度、教育・研修制度、職場の雰囲気
給与・待遇、休日・休暇、勤務地
 
《例》
給与:基本給18万以上
待遇:育児制度が整っている
休日:年間休日120日以上
勤務地:転勤なし

4.最終確認!美容部員の面接でよく聞かれる質問に回答できるかチェックしよう

これまで行ってきた内容を通して、就職活動の方向性は見えましたか?
最後に確認作業として、美容部員の面接で実際によく聞かれる5つの質問に回答できるかチェックしてみてください!

1.あなたの強みを教えてください。
2.学生時代に頑張ったことは何ですか?また、その経験から何を学びましたか?
3.将来どんな美容部員になりたいですか?
4.働く上で大切にしたいことを教えてください。
5.周囲からどんな性格だと言われますか?

 

おわりに


いかかでしたか?
自己分析を行い、将来像を具体的に考えることで、就活の方向性が決まり、志望企業を見つけることができます。

就職活動の軸を定めるまでには時間がかかりますが、
今回の作業を行うことで迷いのない、後悔の少ない就職活動になるはずです。

最後まで頑張ってください!
ご覧いただきありがとうございました!
 

 

この記事をかいた人

都内の大学に通う大学4年生です。美容業界を目指して就職活動をしていた経験をもとに記事を書いています。