【ピアス】面接で見ているポイント、服装やマナーで意識すること、面接でやってはいけないNGなど|ピアスグループの人事にインタビュー

こんにちは。現在大学3年生で美容部員を目指すインターン生のだんごです。

皆さん、選考状況いかかでしょうか…?

私も就職活動中ですが、コロナウイルスの影響で選考がバタバタと延期や中止になり、とっても不安です。延期されていつ再開されるのか、見通しが立たないのが1番辛いですよね。

今回のテーマは「ピアスの面接対策」です!!

2020年2月22日「ビューティーツリーライブ㏌大阪」にて、ピアス採用担当の米倉様へYOUTUBE動画でインタビューをさせて頂いたので、それを基に選考対策をしていきたいと思います。
インタビュー内容を全て文字に起こしていますので、ピアスの選考を受けると決めた方、悩まれている方は是非一度お読みください。お話の中から沢山のヒントが得られると思います。

皆さんが安心して、自信をもって面接を受けられますように。
 

 

⑴ 面接での服装、ピアス、ネイルはどこまでOK?

出来るだけ素の皆さんを見せてほしいという思いで「私服」の指定をしています。

最終面接はオフィスになります。最終面接前にも実は面接を予定していて、それはオフィスではない可能性があるんですね。
ちょっと会場が異なるというところがあるので、『場所を意識する』というのをやって頂きたいです。いつも通り来ていただいても大丈夫なんですが、オフィスでしたら学生さんだけでなく、ピアスのお客様がいらっしゃったりもするので、
そういう時に過度に露出があったりだとか、カジュアルすぎたりすると、場所とそぐわない場合があるので、人や環境への配慮というところは見させて頂いています。
場所を意識して頂ければ、特にこうじゃないとダメというのは無いです。

ネイルやピアスに関してはですね、特に見ていないです。逆に服装に合わせてつけて頂いているというのも、一つのお洒落だと思いますし、美容のお仕事を目指している方ですので、

そういったところも普段からこだわりを持ってされている方もいらっしゃると思いますので、そこは選考基準としては設けていないですし、してるからダメ、していないからダメということは無いです。そこはありのままに臨んでほしいと思います。

⑵ 面接で「これはNG」と感じることは何ですか?

NGというよりは絶対に守った方がいいと思うのが『時間』ですね。
例えば、「10時に面接開始します。」ってなった時に、1分前とか2分前に来られるっていう方も勿論いらっしゃると思うんですけど、そうなってくると実は集団面接で同じく受ける予定の方がとっくに準備が出来ているけど、予定時間直前に来てアンケート記入したり書類を準備したりってなると、時間を超えてしまうっていう場合があります。

そうなってくると一緒に選考を受ける方や、企業の面接官の方にも迷惑をかけることになりますので、スケジュールとか色々お忙しいとは思うんですけど、そこは余裕をもって面接の時のルールとして、やって頂けるといいのかなと思います。

⑶自社に向いている人、向いていない人とは?

ピアスグループのアテンダントスタッフ、美容部員として求めている部分がまず
『ホスピタリティ』『チームワーク』『ポジティブ』というこの3点になります。

この3点に共感できる方は凄く活躍をされています。
具体的に「ホスピタリティ」というところでいくと『おもてなしの心』なんですね。相手の立場に立って対応できる方、接客できる方であったりだとか、それを行った結果、相手の方が喜んで頂けた、それを自分にとってやりがいに感じられる方はまず合っています。

あと「チームワーク」というところでいくと、お店で複数のスタッフと勤務することになるので、チームワークを大事にしてほしいと思っています。
時には1対1の接客ではなく、お客様1人に対して複数のスタッフで対応することもあります。混雑している時にはお客様にお待ち頂くこともあります。
そういった時にしっかりと周りのスタッフと協力し合いながらすることで、お店の運営としてもスムーズにいきますし、お客様をお待たせしない、満足して頂くというところにも繋がりますので、個人個人でプレーをするという方よりも、
『周りの方と一緒に一緒に頑張りたい、成長していきたい、チームワークを大切にしたい』という方が合っていると思います。

あと「ポジティブ」というところは、お仕事していると必ず上手くいかないこととか、失敗することってあると思うんですけどそういった時に、私は悪くない、違っていないとちょっと頑固になるのではなくて、まず上手くいかなかったことを素直に受け止めて頂きたいんですね。
その上で次はどうしたらいいのかというところ、自分なりに考えたり、周りの人を頼りながら前向きに行動していく。『笑顔で前向きに取り組む』そういった思考の方は向いているかと思いますし、実際に活躍をしています。

合わない方はこの反対になりますね。

⑷ エントリーシートや面接で意識してほしいことは?

面接以外の場面ですね。例えば『説明会の受付の際の挨拶』や『聞いているときの姿勢』であったりとか、そういった選考以外の場所でも実は人事の担当者って見ていたりするんですね。
面接の時間だけではなくて、『来た瞬間から帰る瞬間まで見られているんだという意識をもって頂く』と、惜しいのにな。ということにはならないと思いますので、是非そういったところを意識して頂けるといいのかなと思います。

⑸ 最後に学生の皆さんへメッセージをお願いします

これから就職活動始まって、すごくスケジュールが忙しくなったりですとか、
あとコロナウイルスが流行っていてスケジュールが色々変更になることもあると思うんですけど、新卒での就職活動は一生に一回しかないものですので、皆さん後悔しないように、
気になる企業はどんどん情報を集めたりだとか、実際に来社したりだとか、
色々と行動を起こして頂いて、後悔の無いような就職活動にして頂きたいと思います。

ピアスの選考対策まとめ


ここからはインタビューの内容を基に、ピアスの選考対策をまとめていきます。

⑴ 面接・ESでは3つをアピール

ピアスの面接・ESでは、『ホスピタリティ(おもてなしの心)』『チームワーク』『ポジティブ』この3つをアピールしましょう!

①ホスピタリティは、お客様に対しておもてなしの心をもって対応したいという思いがある方は志望動機でその気持ちを素直に書くと良いです。
アクセーヌやカバーマークなどの店頭に一度訪問されると分かると思いますが、いつも丁寧に優しく接客をして下さり、そのお客様想いの接客がピアスの魅力であると私は感じています。是非皆さんも店頭を訪問して思ったことをありのまま書いてみてください。

➁チームワークは、店頭で一緒に働く仲間と協力し合って活動できるかということです。
学生時代の部活動、サークルで「仲間と一つの目標に向かって努力した」「仲間と支え合い、困難を乗り越えた」など、チームワークを発揮したエピソードがある方はぜひ書いてください。

③ポジティブは、インタビューで米倉様がお話されていましたが「笑顔で前向きに取り組める人」をピアスは求めています。前向きに積極的に行動できる方はぜひ自己PRとして書いてくださいね。ポジティブな姿勢は、面接時の話し方や表情でも伝わるので笑顔で臨んでください。

⑵ 面接当日に気を付ける3つのこと

①基本的なマナー(礼儀、時間)を守る
➁服装は「場所を意識」
③笑顔で明るいトーンで話すこと

米倉様がお話されていましたが、最低限のルールとして「時間」は必ず守ってください。15分前には必ず会場に着いているように。電車の遅延なども想定して、早めに行動しておくことをオススメします。同じ時間に選考を受ける学生、面接官にご迷惑をかけないよう、これだけは絶対に守ってくださいね。
また、失礼がないようにオフィス内で出会った方には挨拶をすること、そして服装も派手でない清潔感のある服装を意識してください。

おわりに


最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事を読めば、面接対策がかなり進むのではないでしょうか?
不安でいっぱいの時期ですが、一緒に頑張っていきましょうね…!

終わりに余談ですが、私が面接前日に必ず準備として行っていることがあるので、一部ご紹介したいと思います。
まず履歴書やエントリーシートに書いた内容の中で、質問されそうな部分を全て抜き出します。
次に大きめの付箋を用意して、抜き出した部分に対して一つずつ「なぜ」繰り返し、書き込んでいきます。自分の中で納得がいくまで続け、その付箋を履歴書やエントリーシートのコピーの裏面に貼り、当日持っていきます。
私は緊張すると話す内容を忘れてしまうので、それを持っていると安心しますし、考えをまとめる際にとても役立ちます!是非一度試してみてください◎

皆さん準備をしっかりして、誰にも負けない「ピアス愛」を面接官に伝えてくださいね。

 

 

この記事をかいた人

インターン生のだんごです。都内の大学に通う大学4年生で、現在美容部員を目指して就職活動をしています。化粧品会社でのアルバイト経験があり、メイクが大好きです。就活生の皆さん、一緒に頑張りましょう!