【アルビオン】面接で見ているポイントや採用基準、望ましい服装やマナーなどを美容人事グループの四位様にインタビュー

こんにちは。現在大学3年生で美容部員を目指すインターン生のだんごです。

3月から本格的に選考が始まり、もうすぐ4月です。
コロナウイルスの影響で、各企業例年と異なる動きをしていますよね。まだ選考スケジュールが未定の企業も中にはあったり…。先が見えず不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

今回のテーマは「アルビオンの面接対策」です!!
2020年2月22日「ビューティーツリーライブ㏌大阪」にて、アルビオン採用担当の四位様へYOUTUBE動画でインタビューをさせて頂いたので、それを基に選考対策をしていきたいと思います。

インタビュー内容を全て文字に起こしていますので、
アルビオンの選考を受けると決めた方、悩まれている方は是非一度お読みください。
お話の中から沢山のヒントが得られると思います。
皆さんが安心して、自信をもって面接を受けられますように。

 

 

⑴ 採用したい人とは?

『自分を持っている人』『自分の意見をちゃんと言える人』ですね。

基本的にはまだ学生のうちから求めるつもりはないんですが、接客業ですから面接では素質を見抜きたいと思っています。
質問したことに対して的確に答えられる、マニュアル化した答えではなく自分の意見を言えると、素質を持っているというふうに印象を持ちますね。

例えば志望動機、弊社の「高級化粧品を目指します」に対して「そこに感動しました」「共感しました」で終わるのでは無く、なぜそこに着目したのかまで話せると良いですね。

⑵ 綺麗な人しか美容部員になれないのでしょうか?

外見じゃないです。中身だとは思ってますけど、
アルビオンはスキンケアブランドなので、お肌は絶対きれいな方が良いですよね。

⑶ 最終面接ではどんなことを聞くのでしょうか?

最終と言っても、商品のこと、志望動機を聞いてみたりだとか、『基本的な質問』が多いです。

明るく自分の言葉で話せるか、覚えてきたことばかりではなくて、具体的なエピソードが欲しいですよね。

アルビオンの商品が良かったで終わらせずに、自分の肌がこう変わったので良いと思ったなど、より具体的に話してもらえると良いですね。
アルバイトに関しても、そこで何を学び、どう会社に貢献出来るかまでを語ってほしいです。

サンプルを使う、接客を受けるを前提としているので、
商品を使用してどうだったか、接客を受けてみてどう感じたか、他メーカーと比較してどうだったまでを話してくれると良いですね。

⑷ アルビオンに向かない人とは?

声のトーンが暗い、表情が暗い人は向いていないかもしれませんね。

⑸ 面接での服装、ピアス、ネイルはどこまでOK?

1次選考は指定をしていなくて、『清潔感のある服装』というふうにさせて頂いてます。

もちろんスーツ・私服OKですが、いずれも『TPOをわきまえた服装』にして頂きたいなと思います。

私服の場合は、過去にゴスロリなど、なぜそういう服装なのかなと感じてしまった方が中にいらしたので、そこは考えて頂きたいですね。

2次面接以降の面接に関しては、『スーツ』で弊社はお願いしています。
スーツの着方ですね。例えばスーツは綺麗だけれども、ワイシャツがゆるいとかね。首元がちょっとおかしかったり、そちらも拝見をしています。

後、ネイルとかピアスに関しては『自由』にさせて頂いているんですが、やっぱりスーツだったらスーツに合うようなネイルであったりとか、
面接の際、皆さん座る時に手を前にクロスさせると思うんですが、その際にもネイルは見ています。色味もそうですし、例えば剥げている部分は無いかとかっていうのも拝見しています。

選考では、会社に入ってから出るまでを全て見させて頂いているので、そこも意識して頂くといいのかなと思います。
 

⑹ 証明写真はスーツで撮るべき?私服でもOK?

そこが選考に直結するかというとそういう訳ではないですが、
スーツ、シャツでもちろん構わないです。キャラクターもののTシャツであったりすると、逆に選考で聞いてみたりはあるかもしれませんね。(笑)

あとは最近の方の多い傾向とすると、盛ってる方多いかなと。
「あれ目大きくない??」みたいな方がいらっしゃったりするので、これはもうぶっちゃけた話になるんですけど、まあ盛るのはね、良いと思います。
ですが不自然にならないようにして頂きたいと思います。
「写真と違う方が来たぞ」という方がたまにいらっしゃるので、そこは違和感を感じてしまうので、自然にして頂きたいと思います。

⑺ 面接で「これはNG」と感じることは何ですか?

タメ口がでたりとかですね。後は相づちを適度に打つのは構わないんですが、過度に「うんうん」など、我々は面接を通して「お客様の接客を任せられるか」という視点で見ているので、ちょっと難しいかなというふうに判断させて頂く場合もあります。

あとは『会社説明会で説明している内容をもう一度聞く』とか『そういうところに対して今後どうしていきたいんですか』と我々に聞いてくるというのは、少し考えて頂きたいです。

⑻ エントリーシートや面接で意識してほしいことは

志望動機や学生時代に頑張っていたことなど共通して同じことが言えます。

例えば志望動機の場合、「化粧品が好き」「アルビオンが好き」だけではなく具体的なエピソード、数字が入っていたりするようなことがあれば、より具体性が増すと思います。

書類でも面接でもそこを意識して頂ければいいんじゃないかなと思います。

⑼ 最後に学生の皆さんへメッセージをお願いします

就職活動はもちろん頑張って頂きたいと思いますが、学生生活を楽しんで頂きたいと思っています。

学生生活は今しかないんですね。我々みたいに働きだすと学生時代の頃こういうことしておけば良かったな、遊びたいなと思っても、今は全くできないんです。就職活動を頑張りながら、学生生活、アルバイトとかサークルとか旅行、そういうものも楽しんで頂いて、人生を豊かにして頂きたいと思います。

そこで得たこと、学んだことをまた就職活動の中で具体的にお話をして頂き、評価したいと思いますので、学生時代を楽しみながら就職活動を頑張って頂きたいと思います。

みなさん頑張ってください。

アルビオンの選考対策まとめ


インタビューの内容を基に、アルビオンの選考対策をまとめていきます。

⑴面接やESは「自分の意見を具体的にわかりやすく伝える」

ESを書く際には誰にでも書けるようなありきたりな文になっていないか、常に注意してみましょう。

志望度の高さをアピールするには接客エピソード、商品を実際に使ってみての感想を入れて書いてみてください。さらに加えて、美容部員の接客姿勢を見て「将来自分はどんな接客をしたいと思ったのか」など、自分の考えを入れると読んだ時の印象がかなり違ってくると思います。

一例として、実際に私がアルビオンの店舗訪問をして感じたことを基に、志望動機を書いてみます。参考までにご覧ください。

「丁寧で心のこもった美容部員の接客に魅力を感じ、入社を希望致します。
対面販売にこだわりを持つ御社の店頭では、お客様の悩みや要望に寄り添うカウンセリングを受けることができました。肌トラブルに悩み、相談させて頂いたところ、スキンケア商品を一緒になって選び、使用方法まで分かりやすく伝えてくださいました。
将来私は御社で、高級化粧品にふさわしいサービスをお客様に提供し、美しさを最大限に引き出せるよう、心を込めて接客をしたいと考えています。」

⑵面接で意識する3つのこと

①笑顔で明るいトーンで話すこと

➁丁寧な言葉遣いで、質問に対して的確に答える

③服装は「清潔感を意識」「TPOをわきまえる」

基本的なことですが、いずれも大切なことだと思います。
質問に対して的確に答えられるようになるのは、練習あってこそだと思います。事前に友人や学校の先生と面接練習をしてください。
その時間がどうしても無い場合には、自分が話している姿、様子を動画に撮って確認してみましょう。私はいつも面接の前日はアルバイトなど予定は一切入れず、自宅で繰り返し練習をしています。安心して本番に臨めるはずです。

おわりに


最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事を読めば、面接対策がかなり進むのではないでしょうか?
不安でいっぱいの時期ですが、一緒に頑張っていきましょうね…!

少し余談ですが、終わりに私がある企業の面接で社員の方から頂いた言葉を紹介したいと思います。面接で緊張して悔しい思いをしている方に、少しでも勇気が出れば良いなと思います。「面接で緊張をするのはあたり前。緊張をすることを前提に、準備をすればいい。面接は自分のプレゼン。プレゼンは準備で7割決まる。自分なりに準備を一生懸命すればいいだけ。上手くできなかったら、それは準備が足りなかったということ。」

面接で上手に話せる人は良いですが、私はずっと自信が無かったんです。
準備の量は誰にも負けない、そこまでしたことで面接でありのままの自分が出せるようになりました。

皆さん準備をしっかりして、誰にも負けない「アルビオン愛」を面接官に伝えてくださいね。

 

 

この記事をかいた人

インターン生のだんごです。都内の大学に通う大学4年生で、現在美容部員を目指して就職活動をしています。化粧品会社でのアルバイト経験があり、メイクが大好きです。就活生の皆さん、一緒に頑張りましょう!