【21年卒】シャネルの美容部員の選考対策|エントリーシート(ES)突破のコツ

シャネルの21年度新卒採用がスタートしました。

シャネルのビューティーアナリスト(美容部員)のエントリー時に提出しなければならない設問数は全6問です。いわゆるベーシックな設問もあれば、センスを問うような設問もあり、ビューティーツリーにたくさんの相談や添削依頼が寄せられています。

設問の目的とは何か、どのように回答すべきか、こちらに対策を一挙まとめて公開したいと思います。
 
・シャネルの面接クチコミを見る
 

シャネルのエントリーシートの設問

21年卒のシャネルのエントリーシートの設問は、以下6つです。

1.趣味(100字)
2.美容部員を目指す理由(300字)
3.印象に残っているエピソード(200字)
4.メークアップ、フレグランス、スキンケアで最も思い入れのあるもの、またエピソード(200字)
5.学生時代がんばったこと(500字)
6.あなたを表す写真とその理由(300字)

各設問に対する対策を紹介していきますが、
大前提としてエントリーシートを書く際に気をつけてほしいことを先に紹介しますね。
 

エントリーシートを書く時の大切なポイント

エントリーシートを書く時は、
「結論」「理由」「エピソード」
の順に書きましょう。

結論が最初に書いてある文章は、あなたが伝えたいことがすぐに分かります。

結論が最初に書いていない文章は、あなたが伝えたいことが最後まで読まないと分かりません。

では、1日に何十人ものエントリーシートを読む面接官の立場を考えれたら、どちらのエントリーシートがいいか、わかりですよね?

エントリーシートは、結論から書くようにしましょう。
 

シャネルの採用基準

エントリーシートの対策に入る前に、シャネルの採用基準を確認しておきましょう。

シャネルでは、採用基準を以下の2つだと考えます。


❶シャネルらしさ
❷専門性の高さ
❸コミュニケーション能力や一般常識

それぞれ解説します。
 

❶シャネルらしさ

3つの基準の中で、このシャネルらしさが最も重要です。
シンプルにいうと、シャネルの世界観やラグジュアリーなブランドイメージに
ふさわしいかどうかです。

どれだけメイクアップの技術があっても、
自己PRや志望動機が完璧でも、
シャネルのブランドイメージに合わないと判断されたら、
そこで面接突破は難しいでしょう。
 

❷専門性の高さ

シャネルには、一流のサービスを求めて、一流のお客様が来店します。そのお客様の期待に応えることができるスキンケアやメークアップなどの専門的な知識や技術が求められます。

実際にシャネルでは技術試験があり、一定レベルのタッチアップ技術が必要となります。
 

❸富裕層と的確な会話ができる能力や知識

シャネルには一流の顧客、つまりは富裕層(お金持ち)のお客様が来店します。そのような上品なお客様と的確にコミュニケーションが取れること、一般的な常識(敬語やマナー)や論理性(物事を整理してわかりやすく伝える能力)などが求められます。

実際にシャネルの筆記試験は難易度が高く、算数や国語のほか、作文等で能力を判断しています。
 
・シャネルの筆記試験対策を見る 

シャネルのエントリーシート対策

それでは、各設問について、対策を紹介します。
 

1.趣味(100字)

この設問では、
趣味を通じてあなたがどんな人なのか
を確認しています。

つまり、趣味を通じて自分を表現することが大事です。
趣味はなんでも構いません。大事なのは、趣味を通じて「自分はどんな人間か」を伝えることです。
 
●回答例

私の趣味はランニングです。走っていると気持ちが前向きになるので、
疲れたり、忙しかったり、イライラした時は、ゆっくり時間をかけてランニングします。
そうやって自分の気持ちを一定に保てるようにしています。99文字

この回答例では、
・私は前向きな人間であること
・私は感情が安定している人間であること
を伝えています。

趣味が何か、ではなく、趣味を通じて自分らしさを伝えるようにしましょう。
 

2.美容部員を目指す理由(300字)

この設問では

本気で美容部員を目指しているか

を聞いています。

シャネルのような超人気ブランドになると、全国から膨大な数の学生がエントリーします。本気でシャネルのビューティーアナリストを目指している人もいれば、憧れや記念受験といったような人まで、たくさんいるわけです。

だから、この設問で本気度を確認しています。
本気度を伝えるには、自分が美容部員を目指すきっかけとなったエピソードを”具体的”に書きましょう。

●回答例

私は美容を通じて人を笑顔にして前向きな気持ちにできる美容部員の仕事がしたいと思い、美容部員を志望します。高校二年生の時、母にクレンジング方法を教えたことがきっかけで、母は美容に興味を持つようになりました。また、アイシャドウを母に塗ってあげた時に、瞼が明るくなったことで、色素の薄い瞳に透明感が生まれ、雰囲気のある目元に変わりました。私はその変化に驚き、メイクの面白さを感じると共に、華やかになった目元に母はとても感動して、活き活きとした表情に変わったことを今でも印象に残っています。(20年卒/国内メイクアップブランド内定者)

×NG例

高校時代に初めて御社のカウンターを訪問した際に、接客してくれた美容部員さんがとても素敵で、私もこんな美容部員さんになりたいと思い、美容部員の仕事を志望しました。

良い例は、具体的なエピソードが書いてあり、美容部員の仕事を理解していると感じます。

悪い例は、すごく漠然(ばくぜん)としていて、単に憧れてるだけかな?と感じてしまいます。

あなたにしかない美容部員を目指すきっかけとなったエピソードを用意して、具体的に書くようにしましょう。
 

3.印象に残っているエピソード200文字

この設問では
あなたが接客をする上で大事にしていること
を確認しています。

つまり、エピソードを通じて、あなたの接客する上で大事にする軸を伝えましょう。

●回答例

高校2年生の時、友人の誕生日プレゼントを購入するためにデパートに伺った際、プレゼントしたかった限定商品が売り切れてしまっておりました。私がとても残念そうにしていた姿を見て、店員さんが自分のものとして取り置きしていた限定商品を私に譲ってくださいました。お客様を優先するのは当然なことなのかも知れませんが、本当にお客様を第一に考えているブランドだと感じ、その接客がとても印象に残っています。(20年卒/アーティストブランド内定者)

この回答例では、
・私はお客様に寄り添う姿勢やお客様を第一に考え行動することが大事だと考えています
・私はそのような美容部員を目指しています
を伝えています。
 

4.メークアップ、フレグランス、スキンケアで最も思い入れのあるもの、またエピソード(200字)

この設問では
あなたの人生における美容の役割や存在
を確認します。

一言で思い入れといっても、メークがなんとなく好きだから、というレベルの人もいれば、人生の一部くらいに思い入れを持っている人もいますし、メークが生きがいに感じている人もいます。

シャネルでは、美のプロフェッショナルになることが求められますので、
とにかく美容に深い思い入れを持っている人かどうかを確認しているのでしょう。

●回答例

私はメークアップに一番の思い入れがあります。昨年の10月、老人ホームにいる祖母をお見舞いに訪問して、その際にメークをしてあげました。老人ホームに入居してから元気がなく、笑うことが少なくなってしまった祖母でしたが、私がメークをしてあげて自分の顔を鏡で見た瞬間、とても嬉しそうな表情をしてくれました。その祖母の表情を見て私もとても嬉しくなりました。人を笑顔にできるメークアップの力に魅力を感じています。

この回答例では
・私にとってメークとは人を笑顔にするツールである
・私は人を喜ばせるためにメークがしたい
・私は人が喜ぶ姿を見ると自分も嬉しくなってやりがいに感じる
・私にとってメークはやりがいそのものである
ということを伝えています。

自分の生活において、美容(メーク、スキンケア、フレグランス)がどんな存在なのか。また、そう感じるようになったエピソードを書きましょう。
 

5.学生時代がんばったこと(500字)

この設問は一般的な自己PRと同じく、
学生時代頑張ったことを通じて、あなたの強みを教えてください
と聞いています。

ポイントは、中学や高校時代ではなく、専門学校や大学時代の中で、あなたの強みを発揮したエピソードを書いてあげましょう。
 

6.あなたを表す写真とその理由(300字)

この設問は5の設問と異なり、写真の選択があるので、
あなたのセンスや価値観、軸
を確認していると考えます。

もちろん、どの写真を選ぶかも大事ですが、「なぜそれを選んだのか」の理由に、その人の特徴やセンス、価値観が詰まっているので、選んだ理由にあなたの伝えたいメッセージ(=自分の魅力)を込めましょう。

●回答例

選択した画像:バレエの仲間と切磋琢磨している画像(下記画像はイメージ画像です)

私は3歳から続けているバレエを通じて、現在の私の強みである「忍耐力」と「チームワーク」を身につけたため、バレエで仲間と切磋琢磨している写真を選びました。
私は、3歳から15年間クラッシックバレエを習っています。上下関係はもちろん、日々の練習も非常に厳しい世界で、辛いこともたくさんありましたが、絶対にやりきるという強い気持ちを持って乗り越えました。また、友人でもありライバルでもある仲間の存在が大きく、辛い時こそ助け合い、切磋琢磨しながらチームワークを発揮して頑張りました。
今後、御社に入社しても、同期と切磋琢磨しながら、シャネルの名に恥ずかしくないビューティーアナリストになって、チームに貢献していきたいと思っています。(20年卒/コレクションブランド内定者)

まとめ

エントリーシートは、狙いや目的を持たずに回答すると、なかなか通過できません。

特にシャネルのような超人気ブランドだとなおさらです。

1つ1つの設問を見て、「面接官はここで何が知りたいのか」を考えて、何を伝えるべきかを考えて回答しましょう。

 
・エントリーシートが苦手な方はビューティーツリーLINE就活相談
 

この記事をかいた人

美容部員専門の就職転職対策サイト「ビューティーツリー」編集長/元日本化粧品検定顧問/戸板女子短期大学非常勤講師/インテリジェンス元営業/アイスタイルキャリア元社長