美容部員の面接・筆記前に絶対に覚えておきたい敬語一覧

ビューティーツリー編集部です。

美容部員の新卒採用で絶対に覚えておきたい敬語一覧は以下の通り。特に筆記試験では、敬語の問題はよく出ますので、ここで紹介する敬語はしっかりと覚えておきましょう。

敬語には3つの種類がある

敬語と一言で言っても、3つの種類があり、目的によって使い分けが必要です。3つとは、「丁寧語(ていねいご)」、「尊敬語(そんけいご)」「謙譲語(けんじょうご)」です。

■丁寧語
言葉づかいを丁寧にして、相手に敬意を表します。一般的に採用面接では、丁寧語をしっかりと話すことができれば問題ありません。

■尊敬語
上司や先輩、お客様に対して、その動作や状況などに敬意を表す言葉づかいです。採用面接では尊敬語を話す必要はありませんが、実際の店頭では尊敬語を使う必要があるので筆記試験にはよく出ます。

■謙譲語
相手を敬(うやま)い、自分を下にあるものとして示す語法。自分または自分の側に立つと思われるものや動作などをへりくだって言い表す時に使用します。こちらもお客様との会話で使う必要があるので、筆記試験にはよく出ます。

美容部員の面接を受けるなら絶対に覚えておきたい敬語一覧

一般形 丁寧語 尊敬語 謙譲語
する します なさる いたす
行く 行きます いらっしゃる うかがう
来る 来ます いらっしゃる うかがう
言う 言います おっしゃる 申し上げる
食べる 食べます 召し上がる いただく
知る 知っています ご存知 存じ上げる
思う 思います 思われる 存じる
聞く 聞きます お聞きになる うかがう
伝える 伝えます お伝えになる 申し伝える
会う 会います お会いになる お目にかかる
わかる 分かりました お分かりになる 承知する
会社 御社(おんしゃ)、貴社(きしゃ) 弊社(へいしゃ)
学校 御校、貴校 弊校

この記事をかいた人

美容部員専門の就職転職対策サイト「ビューティーツリー」編集長/元日本化粧品検定顧問/戸板女子短期大学非常勤講師/インテリジェンス元営業/アイスタイルキャリア元社長