資生堂やディオールも導入!面接官の印象に残る動画ES(エントリーシート)を作るコツ

資生堂やディオールも導入!面接官の印象に残る動画ES(エントリーシート)を制作するコツ

こんにちは。ビューティーツリー編集長の辻堂です。

最近、美容部員志望の学生さんから「動画ES」の相談が急増しています。なぜなら、資生堂が2020年度のビューティーコンサルタントの新卒採用でESに動画を導入したからです。またコレクションブランドの「ディオール(Dior)も昨年のビューティストの新卒採用から、エントリー時に自己PRの動画提出が必須となっております。

これまではテキストベースだったESは、今後、一気に動画に変わっていくでしょう。「これまでのESと何か変えなければいけないの?」「動画ESで気を付けるべきポイントは?」このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、動画ESの対策について紹介します。

 

なぜ企業は動画ESを導入し始めたのか?

昨年から動画ESを開始したディオールに続き、今年は資生堂が導入しました。来年はもっと多くの企業が導入してくると思われます。

なぜ、企業はESに動画を導入するのでしょうか。まずはその目的について説明します。

 

企業が動画ESを導入する目的

そもそも企業がESを導入する目的は、一般的に採用基準に満たない又はエントリーはしているけど志望度の高くない学生を落とすためにに実施しています。

ESはもともと手書きでした。手書きのESは、作成するのに相当な労力がかかります。だから、学生は志望度が高くなければ、よほどのことがない限り、ESを書きませんでした。結果的に、ESは志望度を測るツールとして機能していました。

しかし、最近はWEBが主流になり、手書きに比べてESの作成が簡単なので、ES提出数は飛躍的に増えました。その結果、採用担当者はたくさんのESを読まなければならなくなり、ESの効率化が課題でした。そのような背景から、今回、動画ESが出てきたと考えられます。

動画なら文章を読み込む必要はなく、1分程度の動画を見れば合否が判断できます。また、応募者の表情、肌状態、服装、声のトーン、話す速さなど、ESでは得られない情報を簡単に入手できるため、合否判断の精度も上がります。

つまり、「選考時間の短縮」と「合否判断の精度向上」のために動画ESを導入したと考えます。では、今後、動画ESが主流になると、就活生にはどのような影響があるのでしょうか。

動画ESが主流になれば企業の負担が減って学生の負担が増える

動画ESが主流になれば企業の負担が減って学生の負担が増える

ESが動画になることで、学生にはどのような影響があるでしょうか。

シンプルに言うと、ESのように簡単にコピペできないので、学生の負担は増えそうです。しかも、企業によっては、使い回し防止のために、動画のテーマや時間を変えてくる可能性があるので、動画ESの導入企業が増えれば増えるほど、学生の負荷は大きくなると思われます。

現在はまだ導入している企業が少なく、学生側の負担は大きくなっていませんが、21年卒からは資生堂、ディオール以外にも動画ESを導入する企業は増えてくると思われるので、学生もある程度絞り込んでエントリーする必要が出てくるかも知れません。

面接官に刺さる動画ESを作成するコツ

面接官に刺さる動画ESを作成するコツ

企業採用担当者、学生双方に動画選考のノウハウがまだまだ蓄積されていないことを考えると、奇抜なことは狙わず、オーソドックスなやり方で取り組むのがベターだと考えます。それを踏まえて、動画ESの作成で気を付けるべきことは、以下3点です。

 

1.動画で伝えたいメッセージを絞る
2.結論→根拠→エピソードの順にする
3.一貫したテーマを持つ
4.明るい場所で撮影する
5.1分間に300文字を意識する

 

1.動画で伝えたいメッセージを絞る

採用担当者は1日に何十人ものESを見るので、手書き、WEB、動画に関わらず、あれこれメッセージを盛り込んでも、採用担当者にはなかなか伝わりません。だから、ESを通じて伝えるメッセージは徹底的に絞った方がいいでしょう。

自己PRなら、アピールしたいことを1つか2つに絞る。志望動機なら、ズバリひと言で伝わるくらいにわかりやすくまとめるべきです。WEBのESを書くコツについては、以下の記事で紹介していますので、あとで読んでおいてください。

・会いたくなるエントリーシートや履歴書を書くコツ

 

2.結論→根拠→エピソードの順にする

おわりに

WEBでも動画でも、採用担当者はESを最後までじっくり読みません。最初の20〜30秒ほど見て、興味が持てなければ、保留か不合格の評価をつけて、次のESに移ります。そのため、読み始めの数秒が勝負です。伝えたいメッセージ(結論)は必ず最初に持って来ましょう。

伝えたいメッセージ、その根拠、裏付けとなるエピソードの構成で動画を制作すれば、仮に採用担当者がESを最後まで見てくれなかったとしても、最低限、伝えたいメッセージだけは伝えることができます。

3.一貫性したテーマを持つ

動画の場合、伝えたいメッセージの中身に加えて、表情、服装、メイク、髪型、撮影場所、話すトーン、話す速度など、判断材料となる要素はたくさんあります。

どれだけ中身が完璧でも、それ以外の要素がバラバラだと、良い印象を与えることができません。だから、一貫性を持たせる必要があります。そのためにコンセプトを1つ決めましょう。

例えば、自己PRで伝えたいメッセージが「ポジティブ」なら、メイクや服装、髪型や話すトーンにも、ポジティブ(前向き、明るさ、前を向くなど)を意識して動画を撮影することで、視覚からもメッセージを訴求することができます。

4.明るい場所で撮影する

20年卒の資生堂の内定を取得した学生から頂いたアドバイスですが、動画ESは天気の良い日を狙って撮影すべきとのことでした。また、できれば光が差し込む明るい部屋や照明をつけたり、外で撮影するなど、とにかく明るい場所で撮影した方が、明るく元気な印象を与えることができるそうです。

確かに、動画を撮影してみると、肉眼で見るよりも暗い印象を受けることがあります。美容部員は接客業です。暗い人よりは、明るい人の方が好まれます。明るい雰囲気を演出するためにも、天気の良い日に明る日場所で撮影しましょう。

5.1分間に300文字を意識する

聞き手にとって、最も聞きやすい文字量は1分間で300文字と言われています。30秒なら150文字。これを目安に動画で話す内容を考えましょう。

また、文字数が決まれば、その時間内で確実に読み終えることができるペースがベストな速度です。あまりに遅いとスピード感に欠ける印象を与えかねないし、メッセージを詰め込みすぎてペースがやたら早いと理解が追いつかない可能性がありますので、上記の時間と文字数を参考に読み手にとって心地よい動画を作成しましょう。

 

おわりに

ES添削と同様、動画のES添削を依頼されるケースが急増しています。動画ESは導入されてからまだ日も浅く、誰も正解を持っていません。だからこそ、友人や知人、第三者の意見を聞いて、よりよい動画に仕上げある必要があります。

動画を作成するのはなかなか時間がかかり、骨の折れる作業ですが、周囲の力をうまく使って、面接官に刺さる動画ESの作成に頑張ってください。

関連記事

美容部員の就活対策!ブランド別のエントリーシート・志望動機の徹底対策

・人気ブランドの選考対策一覧

この記事をかいた人

美容部員専門の就職転職対策サイト「ビューティーツリー」編集長/元日本化粧品検定顧問/戸板女子短期大学非常勤講師/インテリジェンス元営業/アイスタイルキャリア元社長