【美容部員の就活】自己PRにはたくさんのことを書いたほうがいいのでしょうか?│ 大阪女学院大学3年生/女性

【選考相談】エントリーシートにはたくさんのことを書いたほうがいいのでしょうか?│ 大阪女学院大学3年生/女性

こんにちは。

化粧品・美容業界の就活支援を行うビューティーツリーの辻堂です。

私のこれまでの経験を踏まえて、皆さんの就職相談にお答えしています。

 

「エントリーシートにはたくさんのことを書いたほうがいいのでしょうか?」大阪女学院大学3年生

 

エントリーシートに書くテーマは1つに絞った方がいい

エントリーシートを見ると、たくさん書いたほうがいいのかな?と思う人も多いのではないでしょうか。

これまで、いろいろなことにチャレンジしてきた人なら、なおさら色々なことを書きたくなるでしょう。

 

でも、それは全く逆です。

 

できる限り、テーマを1つに絞り込みましょう。

 

自己PRでテーマを1つに絞る理由

たとえば、皆さんの友人が飲食店をオープンさせたとします。

あなたが友人に「どんなジャンルのお店なの?」と聞いて、
 
「ラーメン、チャーハン、餃子、パスタ、オムライス、カレーもあるよ」
 
と言われて、どんなお店をイメージしますか?

難しいですよね。きっと、「色々あるけど、これといって特徴がないお店」と食べログに書かれていそうな気がします。

では、こちらはいかがですか?
 
「火を噴くような辛さの麻婆豆腐屋だよ」
 
と言われたら、どうですか?

一瞬でイメージできますよね?

しかも記憶に残りやすい。

 

自己PRや学生時代に力を入れたことも同じです。

みなさんは、短い時間で相手に自分をイメージさせて、しかも相手の記憶に残ってもらう必要があります。

 

「どんな料理があるの?」

と面接官が聞いているのに

「なんでもあるよ」

と回答したら、それはイメージできないし、記憶にも残らないということです。
 
面接官は
「火を噴くぐらい辛い」というような
あなたの個性やウリが聞きたいのです。
 

テーマを1つに絞り込んだら深みを出す

書くテーマを絞り込んだら、書く範囲は狭くなりますが、その分、深みを出すことができます。

自己PRとは、同じ麻婆豆腐でも、他の中華料理屋の麻婆豆腐とは何が違うのか、ウリを伝えることです。

 

「うちの麻婆豆腐は麻婆豆腐でも、火を噴くくらい辛くしているよ。」

「同じパスタでも、手作りでもっちもちのパスタ麺を使っています。」

 

これが自己PRです。

 

繰り返しますが、中華料理屋に行けば、メニューが沢山あることくらい、誰もが分かっています。

その中でも何がウリなのか、それが面接官の知りたいことです。

 

だから、エントリーシートに書くときは、できる限りテーマを1つに絞って書きましょう。

選考で自己PRを話すときは、できる限りテーマを1つに絞って話しましょう。

志望動機を聞かれた場合は、どれだけたくさんの動機があったとしても、できるかぎり1つに絞って伝えましょう。

この記事をかいた人

美容部員専門の就職転職対策サイト「ビューティーツリー」編集長/元日本化粧品検定顧問/戸板女子短期大学非常勤講師/インテリジェンス元営業/アイスタイルキャリア元社長