元美容部員が厳選!オススメのスキンケアブランド求人まとめ

元美容部員が厳選!オススメのスキンケアブランド求人まとめ

化粧品業界人事経験者が厳選!応募資格は未経験OK、美容部員の中途採用を積極的に行うスキンケアブランド求人を紹介します。(随時アップデートします)

POLA(ポーラ)

POLA(ポーラ)

POLA(ポーラ)の採用HPはこちら

ポーラと言えば、訪問販売のイメージが強いブランドですが、最近では百貨店にも積極的に進出していて、全国57箇所の百貨店カウンターを持つ日本を代表するスキンケアブランドです。(2018年8月現在)

実は、ポーラは資生堂と並び、世界レベルで見てもトップクラスの研究開発力を持つ企業として有名で、最近では、日本初のシワを改善する薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」を開発して、30代以上の国内外の女性に絶大なる信頼を得ているブランドです。

また、スキンケアだけでなく、メイクアップアイテムも扱っています。

日本を代表するブランドであるポーラでは、自社で働く社員に対しても非常に誠実で、待遇や教育研修体制、働く環境面など、どれを取っても美容部員満足度の高いブランドです。

ちなみに、私は前職でポーラへ30名以上の派遣社員を紹介していましたが、人事採用担当、教育担当、現場の店長において、どの立場の人もみんな紳士的で、派遣社員の満足度も非常に高いブランドでした。

実際、未経験で入社した美容部員が店長との相性が合わなかったり、忙しすぎる店舗に配属されてなかなかついていけないケースがありましたが、その時も人事が美容部員の声をしっかりと聞いて、店舗異動の措置を取ってくれるなど、美容部員ができる限り長く働くことができるように配慮してくれる環境でした。

もし未経験で美容部員にチャレンジする方で、少しでも不安のある方は、POLA(ポーラ)で美容部員としてのよいスタートを切ることをオススメします。

FANCL(ファンケル)

FANCL(ファンケル)

FANCL(ファンケル)の採用HPはこちら

ファンケルと言えば、マイルドクレンジングオイルで有名ですが、もともとは通信販売専用のブランドでした。

昭和50年代、化粧品の肌トラブルが社会問題化していたころ、香料や防腐剤をいっさい使用しない無添加化粧品を開発したのがファンケルでした。

普通、化粧品には長期保存のために防腐剤を入れています。店頭で化粧品を販売する場合、すべての商品がすぐに売り切れることはなく、店頭在庫として長期間保管することがほとんどです。

そのため防腐剤を入れますが、これが肌トラブルの原因になりやすいのです。
そこで、ファンケルでは通信販売という形態を採用して、防腐剤を入れず無添加の化粧品を、製造工場から消費者へ直接届ける仕組みを作りました。

現在では、スキンケアアイテムのほか、健康食品・サプリメント分野でもトップブランドとして注目を集める化粧品・健康食品メーカーです。

消費者想いの化粧品を開発するファンケルは、とても従業員想いの会社でもあります。
未経験者を積極的に採用して丁寧に人材を教育します。
また、転勤のない正社員制度を導入したり、個人ノルマを設定しないなど、美容部員が働きやすい環境づくりに積極的に取り組んでいます。

美容部員として転職を考える場合、扱うアイテムがスキンケアと健康食品になるので、美容と健康に興味関心の高い方にはオススメの企業です。
特に健康分野は、高齢化が進む日本ではマーケットの拡大が予想されていて、将来性の高い領域です。

また、日本の健康マーケットをリードするファンケルの商品力は世界トップクラスです。
そんなファンケルの美容部員として働くことで身につけた美容と健康の知識や経験は、今後世の中から必要とされるものになると思います。

いっぽう、美容と健康分野は、アイテムの性質上、若干地味な印象があるため、美容部員としての華やかさを求めると、ファンケルへの転職はミスマッチになるかも知れません。

ALBION(アルビオン)

ALBION(アルビオン)

ALBION(アルビオン)の採用HPはこちら

アルビオンはコーセーグループの化粧品会社で、スキコン(スキンコンディショナー)は売れに売れまくっている化粧水です。
アルビオンはもととも専門店ブランドとしてスタートした経緯があり、今でも百貨店と専門店以外とは取引していません。

美容部員教育にも非常に熱心な会社として評判で、アルビオンの美容哲学や商品知識、カウンセリング技術を徹底して教え込み、働く美容部員はアルビオン信者が多いと言われています。
また、一度アルビオンで美容部員として働くと、その後、別のブランドへの転職を希望する方はあまり多くはない印象で、アルビオンで美容部員のキャリアを終える方が多いのも特徴の一つです。

アルビオンは百貨店か専門店でしか購入できないことと、商品力の高さから国内外の消費者からの人気が絶大であることから、アルビオンの百貨店カウンターはどこも凄まじく混在しています。

そのため、アルビオンで働く美容部員は忙しすぎるがゆえに、お客様に時間をかけた接客がなかなか実現できず、もっと落ち着いた環境で働きたいということで、キャリアチェンジする方もいました。
人気があるゆえの悩みが、アルビオンにはあるのかも知れません。

ORBIS(オルビス)

ORBIS(オルビス)

ORBIS(オルビス)の採用HPはこちら

オルビスは、ポーラグループの化粧品会社で、もともとは通販専用ブランドでした。
その後、百貨店やファッションビルへ積極的に出店し、国内トップブランドへの成長してきました。
オルビスは、正社員登用率が非常に高く未経験で入社して約1年でほとんどの方が正社員になることができます。

オルビスでは、新卒・中途いずれの採用選考も慎重に行っており、オルビスらしい落ち着きと安定感のある人材を採用する印象があります。
あくまで私の経験則ですが、あまり人間関係でギスギスしたり、ノルマに追われてツライといった声はなく、人間関係などで悩む方は少ないのかも知れません。

ポーラという一流企業が親会社にあるので、安定した国内ブランドで美容部員としてのスタートを切りたいという方にはオススメのブランドです。
また、積極的に中途採用で募集しているのは、マルイやパルコといったファッションビルが多く、百貨店の雰囲気が苦手という方には働きやすい環境かも知れません。

OBAGI(オバジ/ロート製薬)

OBAGI(オバジ/ロート製薬)

OBAGI(オバジ/ロート製薬)の採用HPはこちら

ロート製薬と言えば、目薬が有名ですが、医薬品開発のノウハウを活かして、優れた化粧品を開発しています。
アジアでも人気の高い低価格のスキンケアブランド「肌ラボ」をはじめ、機能性の高いスキンケアブランド「オバジ」「エピステーム」などがあります。

ロート製薬は、もともとの事業が製薬メーカーということもあり、とても高利益体質の会社です。
そのため、ほかの化粧品メーカーに比べると、美容部員の待遇や条件もよく、個人ノルマのようなプレッシャーもそこまでなく、美容部員という仕事を安定して長く続けたいという方にはオススメできるブランドです。

スキンケアブランド特有の地味さはありますが、ロート製薬は関西の超優良企業であり、会社の財務基盤もしっかりしていて、安定感のある化粧品メーカーです。

今後も化粧品業界の人事経験をもとに、未経験で美容部員を目指す人にオススメのブランド求人を発信してまいります。

この記事をかいた人

高校卒業後、メイクアップスクールを経て、外資系化粧品ブランドの美容部員、フリーのメイクアップアーティスト、メイクアップスクールの講師を経験。現在は、美容のオンラインスクールBeautyTree(ビューティーツリー)の教育コンテンツの制作をしています。