未経験で美容部員になる”かしこい転職活動”と魅力的な会社を見抜くコツ

未経験で美容部員になる”かしこい転職活動”と魅力的な会社を見抜くコツ

2018年~2019年にかけて、美容部員の中途採用を取り巻く環境は大きく変わりました。

具体的に言うと

 
化粧品メーカーが選ぶ立場から、選ばれる立場へ
求職者は選ばれる立場から、選ぶ立場へ

 

変わりました。

 

そして、以前までは採用面接に受かるためのノウハウが重宝されていました。しかし、現在は転職者の採用決定率は80%を超えています。

もはや受かるためのノウハウは必要ありません。

 

これからの時代、転職者に必要なのは『自分にマッチした会社を選ぶ力』です。

 

近年のように、採用難の時代になると、優秀な人材が集まる会社と、そうではない会社の2つにくっきり分かれています。

私たちのように業界に長年関わっているとその違いは明確に見えますが、未経験で美容部員に転職する人には、その違いはなかなか見えません。

なぜなら、どこの会社も採用することに必死で、求人サイトや人材会社にはポジティブな情報しか流れないからです。

 

優秀な人材が集まる魅力的な会社は、人間関係が良好なケースが多く、待遇や条件も常に改善され続けています。一方、優秀な人材を集められない会社は、人間関係はなかなか改善されず、待遇や条件も苦しくなる傾向にあります。

かしこい転職者はこの違いを見抜く方法を知っています。かしこい転職者はどのようにしてその違いを見抜いているのでしょうか。

数々の美容部員の転職を支援してきた私たちが、これから未経験で美容部員を目指す人へ『魅力的な会社を選ぶ方法』についてご紹介します。

魅力的な会社はそもそも広告を出さない

未経験で美容部員に転職する場合、googleで検索したり、求人サイトを見て募集を探すのが一般的だと思います。

しかし、そもそも魅力のある会社では、自社の採用HPから応募があったり、社員からの紹介があったり、離職者もそこまで多いわけではないので、わざわざ広告を出して大量募集する必要がありません。

いっぽう、毎月大量に求人広告を出している会社は、人がまったく採用できない、又は離職者が続出しているのどちらかであり、とにかく人手を求めている会社でしょう。

 

つまり、広告を見て応募するというのは、採用や社員の離職に悩み、人手不足に苦しむ会社に応募することであり、皆さんが望む魅力的な会社ではない可能性があります。

 

それでは、広告を出さない魅力的な会社の求人はどうやって見つければいいのでしょうか。

魅力的な会社は転職エージェントを利用している

広告を出して不特定多数に募集をかけると、自社にマッチするかしないかに関わらず、大量の応募が集まります。

そして、応募者の中から面接を行って自社にマッチする人材を見つけるにはそれなりに時間がかかります。

1回30名採用…といったような募集なら、効率的かも知れませんが、魅力的な会社では少数採用であるケースが多く、広告を出すことが非効率になります。

そのため、会社では、募集~書類選考まで安心して任せることができる業界に精通した転職エージェントを利用して、効率的な採用を行っていますので、求人広告を出すことはめったにありません。

優秀な人材が集まる魅力的な会社を見抜くには

魅力的な会社かどうかは、トップや会社が社員に対して愛情を持っているかどうかで判断できます。

社員はトップや会社から愛情を受けて、はじめてお客様や同僚に対して愛情を注ぐことができます。逆に、トップや会社からの愛情がないのに、お客様や同僚に愛情を注ぎ続けていると、社員は必ずバランスを崩します。

その結果、チーム内の誰かの足を引っ張ったり、苦しめることで、その愛情不足分を補おうとしたり、退職してその場を離れていきます。

だから、優秀な人材が集まる魅力的な会社を見抜くには、トップや会社が社員に対して愛情を注いでいるかどうかを確認することです。

では、具体的にどのような方法で、愛情のある会社かどうかを確認するといいのでしょうか。

愛情のある会社かどうかを確認する2つの方法

1.転職エージェントを活用して内部の評判を入手して確認する
2.面接で質問して確認する

1.専門的な転職エージェントを活用して内部の評判を入手して確認する

業界専門の転職エージェントには、過去に転職支援を行った転職者とのネットワークがあります。
そのネットワークを活用して、決して外部からは見えない内部の情報を定期的に収集しています。

その情報を活用すれば、求人広告や採用HPにはポジティブに書いてあるけど、実態はどうなのか?を簡単に知ることができます。

だから、転職エージェントを活用して、内部情報を収集すれば、ある程度の見極めができるでしょう。

2.面接で質問して確認する

これには多少技術が必要ですが、面接での逆質問を効果的に使えば、ある程度確認することができます。

具体的にどのような質問をすればいいのか、以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

 

・美容部員の採用面接で人間関係の良い会社を見抜く5つの逆質問

 

おわりに

おわりに
未経験で美容部員を目指す人が、どうせ美容部員になるなら人気のブランドで働きたいと思うのは理解できます。

ただし、人気ブランドでは、人気があるがゆえに社内の競争や人の入れ替えは激しくなります。だから、未経験から人気ブランドへチャレンジする場合は、早期離職するリスクを覚悟しておくべきでしょう。

私たちの転職支援サービス「BeautyHR」では、5年~10年のスパンで見たときに、最初にどのようなブランドでキャリアを積めば憧れのブランドで働くことができるのか、メリットとデメリットを提示して判断してもらっています。

最近の転職相談では、以下のようなケースがありました。

Kさん/未経験から国内スキンケア大手メーカーに転職した事例

Kさんは飲食店のホールスタッフを経験後、美容部員になりたいということで転職相談に来社されました。当初はメイクアップ系ブランドの美容部員を志望していました。そこのブランドは、ホームページや求人情報には未経験者を大歓迎とうたっていて、研修制度もバッチリと記載されていましたが、実態としては、未経験で問題なくやっていける人は少なく、店頭では上下関係に厳しく色々と指導が入り、未経験者の多くが早期離職していました。実際に人事の方も「学生時代にチアガールや体育会系の部活をやっていた人がベスト」という感じで、かなり粘り強い人を求めていました。Kさんにはその実情をお話しして、それでもチャレンジしたいと思うなら紹介する旨を伝えたところ、「いずれチャレンジしてみたいが、経験が全くないのは不安なので、研修体制もしっかりしていて未経験者には働きやすいブランドでまずは経験を積んで、1年後にチャレンジしてみたい」という結論を出されました。現在は横浜の百貨店にて、スキンケアメインでメイクアイテムも揃うブランドでしっかりと経験を積まれています。

もし未経験で美容部員への転職をお考えの方は、美容部員としての仕事に慣れるまでは、憧れや人気にとらわれず、働きやすい、魅力的な会社を選ぶことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

・逆質問を極める!美容部員の採用面接で高評価を受ける質問10選

【面接対策】・「どんな美容部員になりたいか」の考え方と事例集

ブランド別の対策記事

人気ブランドの選考対策一覧

この記事をかいた人

2002年大学卒業後、インテリジェンス入社。人材派遣の営業を担当後、@cosmeを運営するアイスタイルに入社し、美容部員専門の求人サイトを立ち上げ、2015年アイスタイルキャリアを設立、代表取締役社長に就任。全国の美容専門学校や短大にて就職アドバイザー、化粧品検定顧問を務める。2018年に美容部員専門のオンラインスクールと人材紹介事業を行う株式会社タレンタップを創業。これまで就職・転職支援してきた美容部員は1000名を超える。コスメ検定1級、ほめる達人検定3級取得。